韓国ボーイズグループ「EXO」BAEK HYUN(ベクヒョン)が、ソロアーティスト10年の累積アルバム販売量で1位を記録した。

 Gaon chartの10年累積アルバムデータによると、BAEK HYUNはこれまで発売した3枚のソロアルバムで計2,657,711枚を売り上げ、ソロアーティストの中で最多アルバム販売量を記録した。

 今回のデータは、Gaon chartが2011年以降にデビューしたアーティストの10年間の累積アルバム販売量データ(2011年1月〜2021年11月)を合算した結果だ。BAEK HYUNの記録は、2019年7月の1stミニアルバム「City Lights」でソロデビュー以降、およそ2年4か月で成し遂げた結果であり、より意味深い。

 これに先立ち、BAEK HYUNは2020年5月に発表した2ndミニアルバム「Delight」と、昨年3月にリリースした3rdミニアルバム「Bambi」で”2連続”アルバム販売量100万枚を突破する大記録を打ち立て、グループおよびソロ通算8度目のミリオンセラーを記録するなど、高い人気を立証した。