HYBEのオリジナルストーリーを反映したウェブトゥーン(ウェブ漫画)・ウェブ小説シリーズ3編がベールを脱ぐ。

HYBEのオリジナルストーリーは、HYBEが直接企画・開発した独自のストーリーIPだ。HYBEはこれに基づくウェブトゥーン、ウェブ小説など様々なコンテンツを披露する計画だ。

今回公開する3本のオリジナルストーリー「7FATES:CHAKHO」、「DARK MOON:月の祭壇」、「星を追う少年たち」は、それぞれ「BTS(防弾少年団)」、「ENHYPEN(エンハイフン)」、「TOMORROW X TOGETHER(トゥモロー・バイ・トゥギャザー)」とコラボレーションした作品だ。

HYBEはオリジナルストーリーの中のキャラクターをアーティストが表現することで命を吹き込む「アーティストコラボレーション」方式でウェブトゥーン・ウェブ小説を制作し、ファンにひと味違う楽しみをプレゼントする予定だ。3本のオリジナルストーリーを基にしたウェブトゥーンとウェブ小説は、来る15、16、17日、NAVERのウェブトゥーングローバルサービスで初公開される。

15日に公開されるオリジナルストーリー「7FATES:CHAKHO」は、近未来の都市を背景にしたアーバンファンタジージャンルで、朝鮮時代の虎狩り隊として知られる「捉虎甲士(チャコカプサ)」がモチーフで、神話の中の熊と虎の物語、そして韓国伝統の虎の物語などをHYBEならではの想像力で再解釈し、新たに誕生させた作品だ。「運命(FATE)」に縛られた7人の少年が一緒に試練を勝ち抜きながら成長する「7FATES」のシリーズで、虎と絡み合った運命を持つ7人が虎ハンターチーム「CHAKHO(捉虎)」を結成し、混沌とした世界を乗り越える姿を通じて、運命とは何かをダイナミックなストーリーで展開する予定だ。去る8日と11日、「7FATES:CHAKHO」のSNSには、ストーリーの中のキャラクターに扮した「BTS」メンバーのコンセプトフォトとティザー映像が公開され、期待感が高まっている。該当のウェブトゥーン・ウェブ小説コンテンツは14日午前9時(日本時間)、オフィシャルストーリー映像が公開される予定だ。

16日に公開されるオリジナルストーリーは「ENHYPEN」とコラボレーションした「DARK MOON:月の祭壇」だ。「DARK MOON:月の祭壇」は、記憶が封印された吸血鬼の少年7人の前に、特別な1人の少女が現れて起こる話が込められた。古代魔法王国から現代の私立学校まで様々な背景で繰り広げられるファンタジーストーリーらしく、「DARK MOON:月の祭壇」のSNSには物語のメイン舞台と、ストーリーの中のキャラクターに扮した制服姿の「ENHYPEN」のコンセプトフォトが公開されていて、これから繰り広げられる物語に対する気がかりを増幅させている。

17日には「TOMORROW X TOGETHER」がコラボレーションしたオリジナルストーリー「星を追う少年たち」が公開される。「星を追う少年たち」は魔法と現実が共存する世界で生きていく魔法アイドル5人の少年が、自分たちが持っている魔法の能力に気づいた後、世界の終わりにまつわる秘密に向かって戦っていくファンタジージャンルの物語だ。「星を追う少年たち」の物語の一部は、昨年4月のアニメ「The Doom’s Night」やポップアップブック「魔法の森の物語」で披露されたが、今回のウェブトゥーンとウェブ小説を通して、解けなかった物語全体を繰り広げる予定だ。

HYBEのオリジナルストーリー「7FATES:CHAKHO」、「DARK MOON:月の祭壇」、「星を追う少年たち」のウェブトゥーン・ウェブ小説は、NAVERグローバルサービスを通じて10か国で毎週更新される予定だ。