韓国歌手サムエル(キム・サムエル)が専属契約紛争を終結し、活発な活動を予告した。

 サムエルは最近、前所属事務所BRAVEエンターテインメントと長い話し合いの末、円満に合意した。

 昨年11月、BRAVEエンターテインメントを相手取り提起した専属契約不存在確認訴訟で勝訴していたサムエルは、これで専属契約紛争をすっきりと終結した。

 これを受けてサムエルは13日「これまで3年間の法廷訴訟は大変だったが、むしろ自らたくさん考えて、多くのことを学ぶことになった時間だった。長い空白期間、僕を忘れず覚えていてくださり、待っていてくださったGarnet(ファンクラブ名)の皆さんやすべての方々にとても感謝する」伝えた。

 続けて「これからは成人としてごあいさつする僕の姿にも応援をお願いする。もう一度最初からスタートするという気持ちで初心を忘れず最善を尽くして生きていく。良い曲と素敵なパフォーマンスですぐにごあいさつする日を夢見て、こういう風にでも知らせを伝えることができて感謝する」と伝えた。

 一審訴訟をサムエル側の勝訴に導いた法務法人WOOMYONチャン・ジウォン弁護士は「双方がお互いに今からでも円満な合意をすることになりうれしい。重要な年齢のキム・サムエル君が訴訟で苦しんでいたが、これからは素敵な姿で大衆の前に立つことができてうれしい」とキム・サムエルの未来を応援した。

 専属契約紛争を終結したサムエルは2022年、ソロ歌手であり万能エンターテイナーとして、再び芸能界全般で活発な活動を続けていく予定だ。