ガールズグループの個人ブランド評判の、2022年1月ビッグデータ分析結果が公開された。

韓国企業評判研究所は、ガールズグループ個人ブランド評判ビックデータ分析のため、昨年12月16日から今年の1月16日まで、ガールズグループメンバー579人のブランドビッグデータ97,734,950個を抽出し、ガールズグループの個人ブランドに対する消費者の行動分析を基に作成した「参加指数」「メディア指数」「コミュニケーション指数」「コミュニティ指数」で「ブランド評判指数」を分析した。

「ブランド評判指数」は、消費者のオンライン習慣がブランド消費に大きな影響を及ぼすことから、ブランドビッグデータを通して作られた指標だ。ガールズグループの個人ブランド評価分析を通じて、ガールズグループの個人ブランドに対する肯定的な評価、メディア関心度、消費者の関心とコミュニケーション量が測定でき、ガールズグループの個人ブランド評判分析には、ブランド影響力を測定したブランド価値評価分析も含めた。

これによると、2022年1月の"ガールズグループ個人ブランド評判30" は、1位から、「BLACKPINK」リサ、[aespa」ウィンター、「BLACKPINK」ジェニー、「aespa」カリナ、「少女時代」テヨン、「少女時代」ユナ、「BLACKPINK」ジス、「Red Velvet」ジョイ、「aespa」ジゼル、「Apink」ソン・ナウン、「aespa」ニンニン、「Red Velvet」アイリーン、「Red Velvet」ウェンディ、「IVE」イソ、「少女時代」ユリ、「Red Velvet」スルギ、「Girl’s Day」ヘリ、「少女時代」ヒョヨン、「DIA」ソミ、「MAMAMOO」フィイン、「OH MY GIRL」アリン、「TWICE」ジョンヨン、「BLACKPINK」ロゼ、「EXID」ハニー、「TWICE」ミナ、「IVE」ウォニョン、「Red Velvet」イェリ、「CLC」チェ・ユジン、「少女時代」ソヒョン、「MOMOLAND」ジュイの順だった。。

1位の「BLACKPINK」リサは、ブランド評判指数が3,828,941だった。2位の「aespa」ウィンターは3,492,009、3位「BLACKPINK」ジェニーは3,397,512だった。

韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「『BLACKPINK』リサは『突破する』『美しい』『ラブリー』というリンク分析が多く、キーワード分析は『LALISA』『MONEY』『ソロ曲』が高かった。2021年12月の『BLACKPINK』リサブランド評判指数2,002,939と比べると2倍近く上昇した。比率分析では肯定比率83.08%と分析された」と説明した。