※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

※Wowkoreaのページにはメイキング動画があります。

動画3:09から最後まで。

今回は、フィが女性の服装で城を抜け出して逃げている場面。
船の上で危うく見つかりそうになるところを、ジウンが救うシーンだ。監督と動きの相談をする2人。フィが矢を浴びて腕を負傷してしまう。

パク・ウンビン:流刑になった途中で、王様が特別な令を出して私は女性の格好をしています。逃げているところでジウンがジャン!と現れて。あのシーンカッコよかったよね。ジウンの機転で危機を回避するっていう…。

ロウン:僕もあのシーンは一番ジウンらしい場面だと思う。

パク・ウンビン:あれは胸キュンだったよね。その後逃げてきたんですけど、またジウンのお父様が…お父さん一体何なの?(笑)

ロウン:父さんも僕を守ろうとしてるんだよ。このシーンは結構悲しいです。悲劇です。

パク・ウンビン:悲しくないシーンなんてないよね(笑)

ロウン:もともとあんな風に生きるはずだったんだけど、今はこうなってますね。今ちょっと撮影に集中しにくくて。(2人はふざけている)

パク・ウンビン:あんまり悲しい話ばかりするのはやめよう。今、朝なんですよ。だからジウンは落ち着きがなくて。


追手から逃げるシーンの撮影が始まるが、パク・ウンビンは転んだあと起き上がれずNGに。腕の傷を掴んで起こそうとするロウンに、「ちょっと!傷に触らないでよ(笑)」とパク・ウンビン。
その後はまた山の方へ走って行くシーンばかり。「すごく疲れます」とパク・ウンビン。

パク・ウンビン:今腕をケガしてるので、走るのが遅くて疲れるじゃないですか。だからジウンさんが…(ロウンがパク・ウンビンを持ち上げる)こうして走りたかったみたいです(笑)

ロウン:ちょっと想像してみたんですよ。現実的にはそうやって走る方がいいかなって。でも現実的すぎてもドラマとしてよくないから(笑)

●韓国ネットユーザーの反応●

「2人がラブラブすぎて羨ましい」
「ロウンとパク・ウンビンの息がピッタリ」
「撮影が楽しそう」
「ロウンの力持ち加減がよくわかる」
「パク・ウンビンの女性姿がきれい」

●あらすじ●

KBSドラマ「恋慕」12話(視聴率8.8%)は、王(イ・ピルモ)が世子フィ(パク・ウンビン)の廃位を命じる様子が描かれた。

 フィは王と二人きりで面談し、政務を執る時に被る翼善冠を静かに置いて廃位するのかと聞いた。返ってきた答えは衝撃だった。ずいぶん前にフィが息子ではなく娘だということを知っていたというのだ。嬪宮が亡くなる直前、涙をこらえるフィに「忘れないで、かわいい私の娘」と言っているのを見たのだった。嬪宮に「どうかあの子を守ってほしい」と頼まれたことを気にしていた王は、「宮廷を離れて自分の人生を歩みなさい」と伝えた。さらに「一度も自分の人生を歩んだことはないが、これが父親の気持ちだというなら受け入れよう」とフィを見ながら胸を痛めた。

 廃位の件を聞いて駆け付けたジウン(ロウン(SF9))は、フィと再会した。そしてジウンは「二度と一人にしない。私が守る」と言ってキスをした。ジウンは今のように花や星を見ながら暮らそうと提案。しかしフィはこれを受け入れることはできなかった。廃世子になった以上、秘密まで漏れたら命も危ないのだった。フィは「あなたに幸せになってもらいたい。そうしてほしい」と伝えて、ジウンの手を離した。