新作ドラマ「アダマス」(仮題)が、役者陣チソン、ソ・ジヘ、イ・スギョンのキャスティングを確定し本格的な出発を告知した。

ケーブルチャンネルtvN新ドラマ「アダマス」(脚本チェ・テガン/演出パク・スンウ)は、継父(母の再婚相手で育ての父)を殺した実父の汚名を晴らすため、22年前の事件の真実の裏に隠されていた巨大な悪に立ち向かい戦っていく双子兄弟の話を描いた作品だ。

双子の兄弟として生まれた2人の男は、幼い頃に殺害された養父を殺した犯人が自分たちの実父だという衝撃的な事実と向き合うことになる。しかし死刑を宣告された実の父が、実は濡れ衣を被ったという状況に直面すると、これを隠蔽した巨大な権力に潜り込み真実を追跡していくこととなる。

チソンはドラマの中で、双子の兄弟に扮し一人二役の演技を繰り広げる。ベストセラー推理小説作家のハ・ウシンと中央地方検察特殊部の平検事ソン・スヒョン、波乱万丈な運命に振り回される二人の兄弟の叙事をインパクトある表現で展開していく。

ハ・ウシンとソン・スヒョンは同じ顔をして生きてきた兄弟ではあるが、性格や問題に対する解決方法ですらまるで異なる別の人物だ。父親の汚名を晴らさねばという同じ事件を前にしても、各々異なる視点で接近をする。これに“出演した作品は全てヒットする俳優”との別名がつくチソンが演じる一人二役に、今から期待感を呼んでいる。

ソ・ジヘはハ・ウシンの助力者でありヘソングループ長男の妻ウン・ヘス役を演じる。大企業の嫁になる前から、病院院長の一人娘として箱入り娘のように生きてきたウン・ヘス。一連の事件のためにヘソングループに反旗を翻しハ・ウシンの行方を密かに見守っていた。上品で美しい反面、その内面には毒を隠し持っているウン・ヘス役に扮するソ・ジヘにも好奇心が注がれている。

双子の兄弟へ話せない秘密を隠し持っているTNN社会部の記者キム・ソヒ役にはイ・スギョンが任命された。にこやかに笑う顔で人を捕まえる正義感ある熱血記者のキム・ソヒは、社会正義の具現のために走り続ける人物だ。不義を見ると我慢ができないために記事を書くことで控訴状で脅しを受けることが日常のキム・ソヒには、正義を追い回す理由が隠れていた。特に双子兄弟と緊密に繋がっているその秘密が何なのか、イ・スギョンが盛り込んでいく演技にも注目が必要だ。

ここにドラマ「カイロス〜運命を変える1分〜」で新鮮で感覚的な演出をみせ好評を受けたパク・スンウ監督がメガホンをとり、またWellmadeジャンル作品の誕生を予告する。また、正義の価値が崩壊した時代に新たな善悪の意味を再び定立し興味深い作品を呼んでいくチェ・テガン作家の筆力が増し、新作品への信頼感を倍加させている。

このように「アダマス」は、チソンを筆頭にソ・ジヘ、イ・スギョンを通じた役者陣は勿論、制作陣まで頼もしいメンバーで構成され今から既に視聴者の心臓を狙い撃ちする。果たして、双子の兄弟は継父を殺した実の父の汚名を返上できるのか、今からドラマが待ち遠しい。

「アダマス」は2022年下半期に放送の予定だ。