韓国ガールズグループ「gugudan」出身のチョン・ミミが女優に転向し、本格的な演技活動を予告した。

 チョン・ミミがパダヘエンターテインメントと専属契約を結び、女優として新たに出発する。19日、パダヘエンターテインメント側は「女優として新しく出発するチョン・ミミの活動を積極的に支援する」とし「最近撮影を終えた映画『男は最初を望み 女は最後を望む』にチョン・ミミがヒロインのヘジ役で出演する」とし、独立映画出演のニュースを伝えた.

 チョン・ミミが出演する映画「男は最初を望み 女は最後を望む」は大学生の時に初めて出会って恋愛を始めたカップルの恋愛過程を描いたストーリーだ。映画「野球少女」の総括プロデューサーを務めたオン・ジョンジュン代表の会社が制作し、独立長編映画「未熟児」など様々な短編映画やウェブドラマで感覚的な演出で好評を博したイ・ヒョンジュン監督が演出を担当した。

 初対面のときめきから恋人のデート、けんか、結婚直前の別れまで6年間の恋愛史を季節別に描いた作品で、チョン・ミミは劇中、ヒロインのヘジを演じて、多くの人々の共感を呼ぶものと見られる。ヘジに変身したチョン・ミミがどんな演技を見せてくれるか期待される。

 2016年にガールズグループ「gugudan」でデビューしたチョン・ミミは少女漫画から出てきたように清純なビジュアルで、グループ内「ビジュアル担当」と呼ばれファンに愛されてきた。特にデビュー前から演技に関心を示しており、ドラマ「プロデューサー」、映画「犬どろぼう完全計画」、「FTISLAND」の「MADLY」ミュージックビデオなどを通じて演技活動を展開してきた。 デビュー後も「偶然見つけたハル」、「私は道で芸能人を拾った」など多数のドラマに出演し演技活動を続け、女優としての可能性を立証した。

 パダヘエンターテインメントと専属契約を締結し、本格的に俳優活動に乗り出したチョン・ミミが映画とドラマを行き来しながら多方面で見せるさまざま活躍に関心が集まっている。

 一方、チョン・ミミが主演する映画「男は最初を望み 女は最後を望む」は最近、すべての撮影を終えて、2022年上半期の公開を目標にしている。