「NO.1K-コンテンツチャンネル」tvNが2022年新作ドラマラインアップを紹介し、全世界のドラマファンたちの期待感を高めている。

2021年、世界的にも類を見ないK-コンテンツブームとともにtvNドラマも多くの人気を集めた。K-コンテンツをリーディングしたドラマ名家tvNは、昨年スローガンを「NO.1K-コンテンツチャンネル、楽しさにはtvN」に変更し、グローバル加速化への意志を強固にするとともに、チャンネル競争力と影響力を拡大していった。

平均視聴率16.6%、最高18.4%を記録した「ヴィンチェンツォ」は「ソウルドラマアワーズ2021」で韓流ドラマ作品賞最優秀賞を受賞し、26回アジアテレビジョンアワード(Asian Television Awards, ATA)ベストドラマシリーズ部門で受賞した。(ニールセンコリア有料プラットフォーム首都圏世帯基準)「サイコだけど大丈夫」は昨年22日(現地時間)に開催された国際エミー賞(インターナショナルエミーアワード、International Emmy Awards)でテレビムービー・ミニシリーズ部門で韓国ドラマの中で唯一最終候補としてノミネートされ、世界にK-コンテンツの地位を知らせた。

2022年にもtvNのジャンル的多様性の挑戦は続く。今年のラインナップはメロ、スリラー、ファンタジー、ヒューマン、フュージョン時代劇など様々なジャンルが含まれており、「ドラマ名家」tvNのラインナップを期待している視聴者の様々な好みを満たしてくれるものと見られる。

現在までtvN編成を確定したことしの新作を見てみる。

ゴースト・ドクター

現在放送中で好評を受けているtvN月火ドラマ「ゴースト・ドクター」は神がかりの技術で傲慢な天才医師「チャ・ヨンミン」(チョン・ジフン扮)と使命感など一切ないお金持ちレジデント「コ・スンタク」(キム・ボム扮)、背景も実力も正反対の2人の医者が身体を共有することで展開するメディカルストーリーである。ケーブル、IPTV、衛星を統合した有料プラットフォームで首都圏基準平均視聴率6.7%、最高視聴率8.0%まで高騰したのはもちろん、tvNターゲットの男女2049の視聴率では全国基準月火ドラマ1位を記録し、回を重ねるごとに視聴者の高い関心を集めている。(有料プラットフォーム基準/ニールセンコリア提供)

二十五、二十一

2月12日に初回放送を控えている新土日ドラマ「二十五、二十一」は、「検索ワードを入力してください〜Search 〜WWW」のクォン・ドウン作家とチョン・ジヒョン監督が再び意気投合し、期待を集めている。1998年を背景に時代に夢を奪われた青春たちの彷徨と成長を描いた作品で、キム・テリとナム・ジュヒョクが主演を演じる。フェンシングの有望株「ナ・ヒド」役を演じたキム・テリは「一度も会ったことのない色の人物だったし、フェンシングというスポーツが素材である点もとても魅力的だった」と話し、1998年を生きる熱血アルバイト「ペク・ジン」を演じたナム・ジュヒョクは「時代に夢を奪われた若者たちが一緒に苦しみ、成長するドラマだ。人間的でありながら、すべきことに対し責任感が溢れるキャラクターに魅了された」と伝えた。

軍検事ドーベルマン

アン・ボヒョンとチョ・ボアのキャスティングで注目を集めた「軍検事ドーベルマン」はお金のため軍検事になったド・ベマンと復讐のために軍検事になったチャ・ウインが出会い、軍隊内の黒く腐った悪を打破しながら本当の軍検事に成長する話を描く。

アン・ボヒョンは軍服を脱ぐ日だけを待つ軍検事「ド・ベマン」役を、チョ・ボアは財閥一人娘出身の新任軍検事「チャ・ウイン」役を演じる。映画「弁護人」、ドラマ「無法弁護士〜最高のパートナー〜」など法廷物を執筆してきたユン・ヒョンホ作家と、ドラマ「バッドパパ」などを演出したチン・チャンギュ監督が意気投合した。

私たちのブルース

イ・ビョンホン、シン・ミナ、チャ・スンウォン、イ・ジョンウン、ハン・ジミン、キム・ウビン、オム・ジョンファなど韓国を代表する俳優たちが総出演して話題を集めたドラマ「私たちのブルース」は「ライブ」、「大丈夫、愛よ」、「その冬、風が吹く」などで最高の呼吸を披露したノ・ヒギョン作家とキム・ギュテ監督が意気投合した作品で熱い期待と関心を集めている。

人生の終わりまたはクライマックス、始まりに立っているすべての人々の甘く苦い人生を応援するドラマで、温かく躍動感あふれるチェジュ(済州)、冷たく荒れた海を背景に様々な人物の人生の物語をオムニバス形式で伝える。

リンク

ヨ・ジングとムン・ガヨンが出演の「リンク」はある日突然一人の女性の感情を共有(リンク)するようになった男性が彼女のあらゆる喜び、悲しみ、痛みを一緒に感じながら繰り広げられる感情共有ファンタジーメロでもあり興味深いヒューマンミステリードラマでもある。

ヨ・ジングは高級レストランの厨房をまとめているウ・ゲフン役を演じ、ムン・ガヨンは、不幸な就職準備生のノ・ダヒョン役を演じる。「ディア・マイ・フレンズ」「ライフ」などで現実感あふれる世界観を作り出したホン・ジョンチャン監督と「あやしいパートナー」、「私の恋愛のすべて」などロマンスとミステリーを織り交ぜる脚本の魅力を見せてくれた作家クォン・ギヨンが意気投合した作品である。

CJ ENM IP事業・チャンネル事業部のキム・ジョンフン部長は「今年tvNは歴代級の出演者と制作陣が意気投合した大作から、多様な素材で視聴者の目を引くトレンディドラマ、原作ベースのドラマ、ターゲットに合わせたユニークドラマまで、多様な楽しみを届けようとしている。そしてこれを基に22年にもtvNは最も注目されるK-コンテンツリーディングチャンネルになることを期待する」と伝えた。