韓国ボーイズグループ「SUPER JUNIOR」が台湾オンライン音楽サイトKKBOX選定「2021年トップ韓国歌手」1位に輝いた。

 台湾最大のオンライン音楽サイトKKBOXが最近、公式ホームページとSNSを通じて発表した「2021 KKBOX Year-End Top 10 Korean Artists(2021年トップ韓国歌手)」ランキングで「SUPER JUNIOR」が1位を記録した。

 KKBOXユーザーのストリーム指数を基に選定した「2021年トップ10韓国歌手」チャートでイェソンは4位、「SUPER JUNIOR-D&E」は6位にランクインし、現地での高い人気を実感させた。

 また、これに先立って発表された「2021 KKBOX Year-End Top 20 Korean Songs(2021年KKBOXトップ20韓国の歌)」チャートで「House Party」を含む「SUPER JUNIOR」の10thフルアルバム「The Renaissance」の収録曲が2位から11位までを占めた。

 「SUPER JUNIOR」は「2020年トップ韓国歌手」ランキングでも1位を獲得しており、昨年はKKBOX内の韓国アルバムチャートで2017年11月3日から約4年間1位をキープし、計200週1位という大記録を樹立した。

 このような台湾現地の音楽ファンの愛に「SUPER JUNIOR」はKKBOXの公式SNSに感謝の気持ちを伝える動画を公開し、「KKBOXで僕たちの音楽をたくさん聞いてくださったファンの皆さんのおかげだ。E.L.F. (SUPER JUNIORのファンクラブ名、ファンのこと)の皆さんに心から感謝している。2022年もSUPER JUNIORは新しい音楽で皆さんの愛に応える。引き続き多くの関心と愛をお願いする。直接会える日まで元気に幸せでいてほしい」と伝えた。

 2022年「SUPER JUNIOR」がまたどんな音楽と活躍でグローバルファンとコミュニケーションを取っていくのか、期待が高まっている。

 一方、「SUPER JUNIOR」は現在、団体、ソロ音楽活動はもちろん、バラエティ番組やミュージカルなど様々な分野で活発な活動を続けている。

 メンバーのキュヒョンは来る25日、4thソロミニアルバム「Love Story(4 Season Project 季)」を発売する。