※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

※Wowkoreaのページにはメイキング動画があります。

動画2:31から4:55まで。

今回は、フィとジウンの二回目のキスシーンの撮影模様の続きから。
カメラリハーサルが始まり、2人は笑いをこらえながら演技をする。キスシーンの姿勢を2人で最終打ち合わせをし、いざキスシーンの撮影へ。
まずフィからキスをし、その後ジウンがフィを膝に座らせキスをするが、パク・ウンビンはロウンの膝に座りキスをする際帽子が脱げてしまいNGに。
テイク2ではようやくOKとなった。ロウンは「みなさん、美しいキスシーンが出来上がりましたよ」とカメラに向かって話す。


次は、宮殿でフィとジウン、ソウンとハギョンの4人が対面する場面。
ハギョンは親友のソウンを連れてきたという設定だ。台本片手にセリフ合わせをする4人。ふざけながらも、撮影が始まるとすぐに真剣モードに。
撮影の合間にはコ・ギュピルの肩をマッサージするロウン。

そしてその後、ジウン、ソウン、ハギョンの3人のシーンにコ・ギュピルも登場。ジウンとホン内官の呼吸が大事な場面。
ホン内官がジウンをじーっと見守るシーンだが、ロウンは「そんな感じで見るの?! 面白すぎるよ!」と言う。険しい顔をするホン内官のものまねをしだすロウン。

その後、メイキングカメラを見てハギョン役のチョン・チェヨンは「撮ってますか?私が撮ってもいいですか?」と笑う。

●韓国ネットユーザーの反応●

「座ってのキスシーンっていい」
「ロマンチックなキスシーン」
「ロウンかっこよすぎる」
「パク・ウンビン顔小さい」
「ロウンは何着ても似合う」

●あらすじ●

KBSドラマ「恋慕」17話(視聴率8.4%)は、フイ(パク・ウンビン)とジウン(ロウン(SF9))に関する醜聞が広がる様子が描かれた。

 「男同士でこっそり会っている」、「主君と臣下以上の関係だ」などとあちこちでささやかれた。状況が収まらずに深刻になると、キム尚宮(ペク・ヒョンジュ)はフィにジウンと会うのを控えたほうがいいと要請し、都承旨(キム・イングォン)は「これ以上、王に近づいてはならない」とジウンに言った。さらに大妃(イ・イルファ)まで「適当に追い出せ」と言う始末だった。

 ウォンサン君(キム・テク)が抱いていたフィが女性だという疑惑は確信に変わった。久しぶりに宮廷内に訪れたウォンサン君は、チャンウン君(キム・ソハ)の奇襲を隠して静かに雰囲気を感じ取った。その間、チャンウン君は妓房で泥酔し「双子が入れ替わった。この国の王は女だ」と言ってしまった。

 奇怪なうわさはもちろん、チャンウン君が生きているという事実までギジェ(ユン・ジェムン)の耳に入った。ギジェはソクジョ(ペ・スビン)にチャンウン君について調べるよう指示し、「君を信じて(ジウンに)役職を与えたのに失望させるな」と圧迫した。ソクジョはまずチャンウン君の口をふさがなければならなかった。