ガールズグループ「aespa(エスパ)」のWINTERが、“最高の六角形女性アイドル”を決める投票で、1位に輝いた。

 スターのファンダムたちの積極的な投票で作っていくグローバルスターファンダムアプリ「スタープレイ」は、1月6日から1月20日までの2週間、“最高の六角形女性アイドル”というテーマで投票を実施した。

 アイドルの能力値が格別な、いわゆるきれいな六角形がバランス良く満たされたアイドルがいる。どのポジションでも、与えられた役割以上のことをやり遂げる、全体的な能力値が高いメンバーを“六角形アイドル”という。優れたビジュアルはもちろん、歌唱力、ダンススキル、バラエティー感覚など、何をしてもこなせる多才多能な黄金バランスを持った次世代女性アイドルを対象に進行された今回の投票で、“4世代看板ガールズグループ”「aespa」のWINTERが、合計49.29%の高い得票率で“最高の六角形女性アイドル”1位を獲得した。

 WINTERは、多方面で頭角を見せるガールズグループを代表するオールラウンダーだ。デビューティーザー当時から、清純でかわいらしいフェイスで注目されたWINTERは、その名前とよく似合う真っ白な肌と派手な二重まぶたに大きな目、ぷくっとしたほおとえくぼが調和するように交わって、ビジュアルエースらしいまぶしい美貌を誇る。

 能力もまた、ハイレベルだ。きれいできれいな音色にしっかりしたボーカルの実力を兼ね備えたWINTERは、SM特有の唱法を完璧に駆使して“ユ・ヨンジンが声帯で生んだ娘”という別称を持っている。デビュー曲「Black Mamba」でWINTERが担当したパートである「aespaは私だ、2人といない」という曲のキーとなるいパートで注目され、「Next Level」では、ブリッジパートにパワフルでさっぱりした高音を完ぺきに披露してリスナーをひきつけ、ボーカルメンバーとして頭角を現わした。最近発表した「Savage」では、最も多いパートを引き受けて幅広い音域対と最大化されたパワフルなボーカルを誇って、曲の魅力に加え名実共に次世代ビジュアルボーカルとして位置づけた。

 WINTERに続き、ガールズグループ「Kep1er(ケプラー)」のキム・チェヒョンが20.31%の得票率で2位を獲得した。そして「DREAMCATCHER」のジユ、「ITZY(イッジ)」のイェジがそれぞれ3、4位にランクインした。該当投票の結果は、「スタープレイ」で確認することができる。

 一方、「スタープレイ」では2月3日まで、“最高の六角形男性アイドル”をテーマに、いろいろなランキング投票を進行中だ。