※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

※Wowkoreaのページにはメイキング動画があります。
最初から4:02まで。

今回は、ジウンがフィの正体を知り「ダミ」と名前を呼ぶシーンの撮影模様から。
フィがダミであることを知り、互いに抱き合いキスを。しかし、パク・ウンビンは寒さで鼻水が出てしまい笑い吹き出してしまう。しかし何とか感動のシーンが完成。2人は涙でボロボロだ。

パク・ウンビン:ダミって呼んでくれるなんてね(笑)胸キュン!心臓が飛び出しそうでしたよ。

ロウン:フィが初恋相手のダミだった、とキム尚宮から話を聞いてフィのもとへ飛んで行ったんです。そうしたらもう気持ちは止められないですよね。自分が死ぬことも怖くないというか。

パク・ウンビン:もう気持ちを抑えなくてもいいもんね。すべてが一つにつながったんだから。

ロウン:僕が個人的に一番待ちに待ったシーンでしたね。ダミ、って早く呼びたくて。

パク・ウンビン:そうだね。ダミっていつ気づくんだろう、っていつも質問してたもんね。


続いては、キャストが4名集まって、メイキングカメラにおしゃべりしている。

パク・ウンビン:やっと祖父を牢屋に入れたんですが、ここにいる人をみんな殺して脱獄したんです。大変ですよ。

コ・ギュピル:私が捕まえに行きます(笑)

コ・ギュピルを周囲のキャストがいじり始め、笑いが止まらないパク・ウンビン。


次は、ペ・スビンの最後の撮影シーン。
クランクアップを迎えたペ・スビンにロウンやパク・ウンビンがねぎらいの言葉をかける。


続いては、毒を飲んで倒れたフィにジウンが駆け寄る場面。
リハーサルのようで「誰かいないのか!王様のお腹が鳴っておるぞ!」とふざけているロウン。その後撮影が始まると迫真の演技をする2人。
こうして最後の撮影が終わった2人は、互いに労をねぎらう。

●韓国ネットユーザーの反応●

「毎週楽しみにしてた」
「このドラマに癒されてた」
「終わっていくのは寂しい」
「パク・ウンビンの笑顔がまた見たい」
「苦労していた舞台裏が見られてよかった」

●あらすじ●

KBSドラマ「恋慕」19話(視聴率9.3%)は、お互いが初恋の相手だと確認したフイ(パク・ウンビン)はジウン(ロウン(SF9))にこれまでそれを伝えられなかった理由について語る様子が描かれた。

 フィをダミだと思って殺したジウンの父ソクジョ(ペ・スビン)のためだった。自責の念に駆られて傷つかないよう、そして父親との関係が悪くならないよう願う気持ちからだった。お互いを理解した二人は今一緒にいることだけでも十分に幸せだと確かめ合った。

 ジウンはソウン(ペ・ユンギョン)との婚姻を破棄しなければならなかった。しかしこれに気づいたソウンは先に「婚姻はみんなが不幸になることだ」と心にもないことを言い、なかったことにしてほしいと伝えた。ジウンはソクジョにダミを殺して双子の運命が変わってしまったことに憤慨し、「秘密を隠そうと王を殺そうとしたなら、私を先に切るべきだ」と釘を刺した。ソクジョは息子をこれ以上説得できないと気付き、ギジェ(ユ・ジェムン)に背を向ける決心をした。

 しかしソクジョの裏切りに気づいたギジェが、ソクジョの自宅を襲撃。またウォンサン君(キム・テク)と手を組む前に最後に彼を試した。「王になろうとする者ならば、非情でなければならない」と言って王を処断するように命じた。ウォンサン君はキム尚宮(パク・ヒョンジュ)とパク内官(コ・ギュピル)を宮廷の外に隠した王を刀で傷つけ「兄として最後の配慮だ」と命だけは助けた。

 めちゃくちゃになった自宅を見ながら危険を感じたジウンは父親に「ソナン草の毒を探してほしい」と頼んだ。一日でも早くギジェの罪を明らかにすることが家族を救える方法だと判断したのだ。ジウンがギジェの書斎から毒や香箱を探している間、ソクジョは「一度だけチャンスが欲しい」とひざまずき、時間を稼いだ。しかしジウンは捕まり、父子を捕縛したギジェは「お前がそこまでして守ろうとした息子の最後の姿をよく見ておけ」と叫んだ。

 息子だけは助けてほしいとソクジョが泣き叫んだ時、フィが軍を引き連れて現れた。ソクジョがチルグム(チャン・セヒョン)に事前に頼んでおいたのだった。ギジェを監獄に入れたフィは「先代王を毒殺してそれを隠蔽し、虚偽告訴して罪のない人たちの命を奪った逆賊ハン・ギジェを打ち首に処する」と命じた。