K-POPを代表するガールズグループ「Apink」のスペシャルアルバムのタイトル曲は「Dilemma」となった。

 ISTエンターテインメント側は25日午後11時、「Apink」のSNSなどを通じて「Apink」のスペシャルアルバム「HORN」のトラックリストを公開した。

 「Apink」10周年記念スペシャルアルバムのタイトル曲となった「Dilemma」は恋人の終わってしまった気持ちを知っているが、それでも愛したい気持ちと諦めなければならない気持ちの間に置かれた“ジレンマ”を表現した。特に新曲「Dilemma」はこれまで「I’m so sick」、「%%」、「Dumhdurum」で「Apink」と幻想のシナジー効果を見せてくれたプロデューサー、ブラック・アイド・ピルスンとチョングンの曲で、4連続ヒットを予告しさらに期待を集めている。

 「Apink」の今回のスペシャルアルバム名「HORN」は「角」という意味で、“ジレンマ”の中の2つの選択肢をそれぞれ「角」で隠喩することに着眼した。ジレンマを避ける方法として2つの角の間を抜け出すことを話すだけに、数多くの選択の重さと困難な状況が伴うだろうが、一緒に2つの角の間を抜け出そうという意味が込められている。

 ニューアルバムにはタイトル曲の他にも「HOLY MOLY」、「My Oh My」、「Nothing」、「Red Carpet」、「Single Rider」、「Free & Love」、「Just Like This」、「Trip」、「Dream」に続き、昨年4月に公開したファンソング「Thank you」まで全11曲の多彩なジャンルを収録しており、フルアルバムに劣らない完成度の高いクオリティのアルバムを披露する予定だ。テヨン、「NCT U」、「少女時代」など人気トップアイドルグループの曲を作業した作曲家Kenzieをはじめ、Gabriel Brandes、キム・ジンファンなど世界的な有名プロデューサーらが総出動し、全メンバーそれぞれ作詞に参加した曲が収録され、個性と真正性さらに加えたという。

 「Apink」は去る21日にカムバックロゴイメージの公開を皮切りに、スケジューラーとトラックリストを公開。さらに、団体ティザーイメージと個人ティザーイメージ、ハイライトメドレー、ミュージックビデオ(MV)ティザーなどを順次公開し、カムバック前の雰囲気をより一層熱くする計画だ。