芸能事務所「RBW」が上場後初の買収・合併(M&A)の投資先として、「DSPメディア」を選択した。RBWは今回のDSPメディアの買収を皮切りに、音源知的財産権(IP)および非代替性トークン(NFT)事業を本格化する。

26日に投資銀行(IB)業界によると、RBWはDSPメディアの持分51%以上を買収し、子会社に編入する。まもなくDSPメディアの筆頭株主側と株式売買契約(SPA)締結に乗り出す予定。

DSPメディアは1991年に故イ・ホヨン代表が設立した「テソン企画」が前身。DSPメディアは「SECHSKIES」、「Fin.K.L.」、「Click-B」、「KARA」など韓国を代表するスターアーティストを誕生させた屈指のエンターテイメント企業で、現在の所属アーティストには「KARD」や「MIRAE(未来少年)」などがいる。

RBWはDSPメディアの買収に乗り出した背景には、音源IP関連の新事業が関係している。DSPメディアにはK-POP30年の歴史に関連した音源およびアーティストのIPを多数保有しているだけに、現在音源市場に流通可能な音源IPだけで約1千曲以上。RBWはDSPメディアを買収することで、音源IP分野内の代替不可能なポジションを占める計画。

さらにRBWはDSPメディアが保有した音源IPを積極的に活用し、音源IPの新事業を推進する。単純に著作権収入を得ることにとどまらず、音源消費促進をはじめに、NFTグッズ制作にも積極的に乗り出す見通しだ。このためにRBWは音源消費促進および付加収益創出のための自社コンテンツマーケティングエンジンの開発も推進中。

特に、RBWはDSPメディアの買収を通じてよりいっそう強固なアーティストラインナップを備えるようになった。RBW所属の「MAMAMOO」や「ONEUS」などをはじめに、DSPメディアの「KARD」や「MIRAE」などが加わり、アーティストの“空白期”を最小限にとどめる。RBWは昨年、「OH MY GIRL」や「ONF」などが所属しているWMエンターテイメントを買収したりもした。

RBWの今回の買収は、K-POPの歴史の“生き証人”であるDSPメディアのブランドバリューを引き継ぐという点でさらに特別だ。DSPメディアは1990年代の韓流文化をリードしてきたトップランナーとして、韓国エンターテイメント業界では大きな象徴性を持つ。現在までも全世界の韓流ファンの間では、DSPメディアのブランドとしての名声が相当なものと知られている。RBWとDSPメディアのシナジー公開を期待することができる。

DSPメディアの買収に関連してRBWのキム・ジヌ代表は、「今回の買収で音源IPを活用したNFTなどのメタバースに関連した新規事業を規模と速度の両方を準備できるようになった。30年の歴史のDSPメディアとともに、RBWの次世代ブランディングに重要なきっかけとなるだろう」と述べた。