ボーイズグループ「SF9」のフィヨンとチャニが新型コロナウイルスの防疫守則に違反した事実が遅れて明らかになった。

所属事務所のFNCエンターテインメントは27日、「1月18日午前1時、『SF9』のメンバー・フィヨンとチャニが知人との集まりで、ソウル地域の新型コロナウイルスの防疫守則に違反した事実を本日確認した」とし、「フィヨンとチャニはすべての日程が終わった夜、チャニの誕生日を迎え知人の連絡を受け、ノンヒョンドン(論峴洞)のホールデム・パブ(カードゲームをしながら酒を飲む場所)を訪れ、この過程で防疫守則違反の取り締まりで調査を受けることになった」と明らかにした。

◇ 以下、FNCエンターテインメントの公式立場

FNCエンターテインメントです。

1月18日午前1時、「SF9」のメンバー・フィヨンとチャニが知人との集まりで、ソウル地域の新型コロナウイルスの防疫守則を違反した事実を本日確認いたしました。

フィヨンとチャニはすべての日程が終わった夜、チャニの誕生日を迎え、知人の連絡を受け、ノンヒョンドン(論峴洞)のホールデム・パブ(カードゲームをしながら酒を飲む場所)を訪れ、この過程で防疫守則違反の取り締まりで調査を受けることになりました。

フィヨンとチャニは不注意で非難されて当然の行動をしたことは明らかであり、ファンの皆さんはもちろん大衆の方々にご心配をおかけした点について自責の念を持っており、深く反省し後悔しています。

当社も所属アーティストの管理におろそかになっていた点について弁明の余地なく、深くお詫び申し上げ、このようなことが再発しないよう徹底した管理と対策の準備をいたします。

今回の件により多くの方々にご心配をおかけし、失望させてしまい、改めて心から謝罪申し上げます。