※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

※Wowkoreaのページにはメイキング動画があります。

動画3:45から最後まで。

今回は、シウとハギョンのシーンの続きから。
2人は撮影の合間にリラックスムードだ。体をほぐしたところで撮影再開。「1つだけ約束して。もしもあなたの気持ちが変わったら、一番最初に私に話してほしい。気持ちが揺れたときも話して」と語るハギョン。
「気持ちが変わるのは悲しいことだけど、何よりも苦しいのは、それを私が知らないままで過ごすことだから。お父さんやハン・ギジュンみたいにならないって約束してほしいの」と気持ちをぶつける。

そしてソン・ガンも、シウになり切って演技を続ける。「わかった。約束する」と真剣な表情で答えるシウ。そしてハギョンは「一緒に暮らそう」と提案するのだった
ハギョンは自分の不安な気持ちをしっかりとシウにぶつける、少しシリアスなシーンだ。女性の共感を呼びそうな場面設定になっている。

●韓国ネットユーザーの反応●

「2人がお似合いすぎて何も言えない」
「幸せになるシーンが見たい」
「ハギョンの不安な気持ちはわかる」
「ハギョンのセリフに共感してしまう」
「パク・ミニョンの演技力すごい」

●あらすじ●

JTBCドラマ「気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?! 」8話(視聴率7.5%)では、思いがけない瞬間に天気にいじわるされるハギョン(パク・ミニョン)とシウ(ソン・ガン)、ギジュン(ユン・パク)とユジン(ユラ(Girl’s Day))の様子が描かれた。

 ユジンとシウが過去に同居していたことを知ったギジュンは、泥酔状態でハギョンのところへ行った。ユジンの裏切りに胸を痛めて苦しくなり、今になってハギョンの気持ちを理解した。しかし夜中に、しかも酒に酔った状態でギジュンが訪ねて来たせいでシウは不快だった。

 その後もハギョンとギジュンが思いがけず絡み合い、シウの不快指数はさらに上昇した。出勤時に軽い接触事故を起こしたハギョンは後始末をしていて、結婚準備をしていた時にギジュンが何も言わずに保険会社を替えていたことを知った。事故のことをドンハン(イ・ソンウク)から伝え聞いたシウは、連絡が取れないハギョンを心配した。そんな彼女がギジュンと共に入ってきたので腹が立った。

 ギジュンもシウの存在を快く思わなかった。道徳的にも法的にも問題にならない同居の事実を知らんふりしたかったが、到底受け入れることができなかった。しかもその相手がシウだったということが、とにかく嫌だった。

 残酷にも絡み合う4人がついに爆発した。ハギョンとギジュンは記者を相手に梅雨前線関連のブリーフィング中だった。その時、シウとユジンが一緒にブリーフィング室に入ってきた。非常に暑いのに中央冷房システムまで故障し、些細な行動にも敏感になっていた。「僕は過去に執着しない。元カノのところまで行ってあれこれ言うようなスタイルでもない」とシウの挑発が導火線に火をつけ、シウとギジュンが激しく殴り合いをしたのだ。

 そしてハギョンはシウにギジュンとの関係をきちんと話せなかったことを謝った。