韓国“第1世代アイドル”こと「S.E.S. 」シューが、賭博容疑で自粛してから4年ぶりにテレビ番組に出演したなか、今後の目標を明かした。

 シューは19日、Instagramを通して近況写真とともに文章を投稿。「賭博という悪い評判…もう繰り返しません。隠すこともしません」とし、「新たな挑戦。賭博に溺れてしまった人々を助ける人になりたいです。わたしは、まだ至らない点が多いですが、もっと勉強して専門家にならなければと思っています」とつづった。

 また「韓国コーチ協会の初級コーチ資格を取得するために教育を受けています。自分の経験が、困っている方々の助けになればと思っています。わたし、挑戦します」と覚悟を明かした。

 これに先立ち、去る10日シューはリアリティー番組「スタードキュメンタリーマイウェイ」に出演。2018年、常習賭博で物議を醸したシューは活動を中断していたが、この番組で久しぶりに近況を伝えていた。