グループ「BTS(防弾少年団)」のヒット曲「Dynamite」が日本レコード協会から「ダブル・プラチナ」認定を受けた。

20日、日本レコード協会によると「BTS」が2020年8月21日に発表した「Dynamite」は累積ダウンロード回数が50万を超え、「ダブル・プラチナ」認定(2022年3月基準)を獲得した。「Dynamite」はこれに先立って累積再生数が5億回を突破し、2022年1月基準の「ダイヤモンド」認定作品にもノミネートされている。 特に「Dynamite」は認定日(2022年1月31日)を基準に発表されてから529日目でダイヤモンド認定を受け、協会が2020年4月にストリーミング部門の認定を開始して以来最短で「ダイヤモンド」達成新記録を打ち立てたことがある。

日本レコード協会は曲の累積ダウンロード回数によってゴールド(10万回以上)、プラチナ(25万回以上)、ダブル・プラチナ(50万回以上)、ミリオン(100万回以上)に区分して毎月認定し、公式ホームページを通じて認定作品リストを発表する。

「BTS」は日本レコード協会のダウンロード部門において「Dynamite」の他にも「Butter」と「Permission to Dance」でそれぞれ「プラチナ」と「ゴールド」の認証を獲得した。