“メタバース ガールグループ”である「aespa」がアメリカ最大の音楽フェスティバル「Coachella Valley Music and Arts Festival」(以下、コーチェラ)のメインステージである「コーチェラステージ」を熱くさせた。

「aespa」は24日(韓国時間)、アメリカ カリフォルニア州のインディオの砂漠地帯“コーチェラ・ヴァレー”で開催された「コーチェラ・フェスティバル」で88risingの「Head In The Clouds Forever」ステージを飾り、インパクトのあるパフォーマンスで現地の音楽ファンたちの注目を集めた。

今回の公演でファーストミニアルバムの収録曲「aenergy」で幕を開けた「aespa」は、ヒット曲「Black Mamba」、「Next Level」、「Savage」などでステージを飾ったのはもちろん、スペシャルステージとして未公開の新曲「Life’s Too Short」を英語で歌った。特に今回のステージはアメリカでの初ライブという点で意味を持つ。デビューして初めて観客の歓声など生の応援の中でのステージでもあった。「aespa」は「こうして多くの観衆の前で舞台を披露するのは今回が初めて」とし「こうしてコーチェラに参加できて幸せだ」と伝えた。

現地の観客たちはステージの間「aespa」に熱い歓声を送るなど情熱的にステージを楽しんだ。「aespa」への応援が描かれたスカイ・バナーも会場のあちこちで見られたとSMエンターテインメント側は明らかにした。

これに先立ち「aespa」はデビュー曲「Black Mamba」から「Next Level」、「Savage」まで3曲連続ヒットに成功、シンドロームを巻き起こした。特にファーストミニアルバム「Savage」ではアメリカの「Billboard 200」チャートで20位にランクインし、K-POPガールグループのファーストアルバムで史上最高の順位を記録した。

コーチェラは1999年から毎年20万人以上の観客を集めるアメリカ最大級のフェスティバルで、今年は「aespa」を始めHarry Styles、Billie Eilish、Doja Cat、Conan Gray、Pink Sweat$、など世界的なアーティストが出演する。