ガールズグループ「S.E.S.」のパダが再び活動に乗り出すシューを応援した。

 パダは25日、自身のインスタグラムのストーリーに「4年間とても後悔し反省したシューにどうか勇気を許してください」という文とともに写真を掲載した。

 公開された写真にはラフな身なりをしたシューの姿が盛り込まれた。乱れたボブヘアと赤い唇が目を引く。これとともにパダは「スヨン(シューの本名)、頑張れ…ファンの皆さん…一緒に過ごしてください」と、シューが出演するインターネット放送の番組をPRした。

 これに先立ち、2019年にシューは常習賭博の疑いで懲役6か月と執行猶予2年を言い渡された。シューは2016年8月から2018年5月まで、マカオなどの海外で26回にわたり計7億9千万ウォン(約8,100万円)規模の常習賭博を行ったという。またシューは賭博の借金により借りた3億4千万ウォン(約3,500万円)台の規模の貸与金を返済できず、2019年5月に告訴されたりもした。この訴訟は2020年11月の調停を経て合意に至り終了した。

 その後シューは自粛の時間を過ごしたが、10日に総合編成チャンネルTV 朝鮮の「スタードキュメンタリー・マイウェイ」を通じて番組に復帰し近況を伝えた。