「Kep1er」の韓国デビュータイトル曲「WA DA DA」(2022年1月3日発売)が、日本レコード協会2022年3月のストリーミング「ゴールド」作品に認定された。

 今回の認定は、デビューから3か月での認定となり、韓国ガールズグループとして最短期間での快挙となる。

 25日、日本レコード協会によると、「Kep1er」の韓国デビュータイトル曲「WA DA DA」が日本国内で累積再生回数が5千万回を突破し、2022年3月時点で「ゴールド」の認定を受けた。

 日本レコード協会では、累積再生回数(ストリーミング部門)によって、ゴールドとプラチナ、ダイヤモンドで認定を区分し、毎月公式ホームページを通じて発表している。

 「WA DA DA」は今年1月の発売直後、iTunes、Spotify、米ビルボードチャート、オリコンチャートなど各種グルーバル音源プラットフォームで上位のチャートに名を連ね、海外でもその注目の高さを実感させている。

 今月16日には「WA DA DA」ミュージックビデオのYouTube再生回数が1億ビューを超えた。

 この他にもKep1erは歴代韓国ガールズグループデビューアルバム初動記録更新など、“スーパールーキー”として記録を更新続け、K-POP第4世代を代表するガールズグループとしての地位を固めた。

 「Kep1er」は現在、韓国のMnet「Queendom2」に出演し、常にパフォーマンスで圧倒的なオーラと強烈なインパクトを残している。今後どのような驚くべき記録で驚かせるのか、多くの人々の期待が集まっている。