ボーイズグループ「MONSTA X」がニューミニアルバムで首位を席巻した。

 27日、最大音盤販売量集計サイトHANTEOチャートによると、「MONSTA X」の11thミニアルバム「SHAPE of LOVE」は26日のデイリー基準の音盤チャートと27日午後3時基準のリアルタイムチャートの1位を記録した。

 「SHAPE of LOVE」はワールドワイドiTunesアルバムチャートとヨーロピアンiTunesアルバムチャートで1位を獲得し、グローバルな注目を集めた。またiTunesのトップアルバムチャートではブラジル、カンボジア、グアテマラ、インドネシア、イスラエル、カザフスタン、マレーシア、メキシコ、ニカラグア、ノルウェー、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムの15か国の1位を席巻し、アメリカの2位をはじめとした14か国のチャートのトップ10内にランクインする記録を立てた。

 タイトル曲「LOVE」はiTunesのトップソングチャートでボリビア、エジプト、エルサルバドル、グアテマラ、モンゴル、ノルウェー、パナマの7か国で1位、アルゼンチンとブラジルをはじめとした6か国でそれぞれ最上位圏を占める気炎を吐いた。

 収録曲もグローバルチャートで全曲ランクインに成功した。iTunesのトップK-POPソングチャートのベルギーとオーストリアチャートで、「AND」、「LOVE FOREVER」、「Wildfire」、「Breathe」、「Burning Up(Feat. R3HAB)」、「LOVE」の順で1位から6位を獲得した。またノルウェーとアイルランドで「LOVE」が首位に上り人気を証明した。

 今回の新譜もまたタイトル曲メーカーのジュホンをはじめにヒョンウォンとI.Mが作詞、作曲、編曲に参加したトラックたちで埋め尽くされただけに、またどんなグローバルな成果を収めていくのか成り行きが注目される。カムバックと同時にキャリアハイを達成しながら上昇傾向を見せている「MONSTA X」は、29日から5月1日までの3日間、オリンピック公園のSKハンドボール競技場でファンコンサート「2022 MONSTA X FAN-CON」を開催する。