※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

※Wowkoreaのページにはメイキング動画があります。

動画8:45から最後まで。

今回も、キャストたちのインタビュー映像をお届けする。

ユン・サボン:こんにちは。オ・ミョンジュ役を演じたユン・サボンです。今2022年の年明けで今日は1月1日なんですが、2021年後半はずっとこの「気象庁チーム」の人たちと撮影して過ごしていたので、終わるのが残念ですね。とても楽しく撮影できた作品なので、この気持ちが伝われば嬉しいです。今後もまた違うドラマでみなさんにお目にかかりたいと思います。お待ちください。ありがとうございました。

チェ・ソウン:こんにちは。「気象庁の人々」でキム・スジン役を演じたチェ・ソウンです。日常生活では経験できない、気象庁の方々の努力や苦労を知ることができてとても意義深かったですし…何だっけ。言いたいことが上手く言えない(笑)撮影はすごく楽しかったです。温かい現場だったので、いろいろ学ばせていただきました。最後までご覧いただきありがとうございました。スジンは憎めないキャラクターでしたが、応援いただいて感謝しています。今後もより成長できた姿をお見せできるように努力します。

クォン・ヘヒョ:こんにちは。コ・ボンチャン予報局長役のクォン・ヘヒョです。去年の夏ごろから始まって真冬の1月で撮影が無事終わることになりました。みなさまの反応がどのようなものか、気になっています。俳優陣とスタッフたちが楽しく安全に、このコロナ過で作品を完成させたことだけでも幸運ですし喜ばしいことだと思います。私たちの生活に一番近いのが天候だと言われていますが、実際は気象を扱っている気象庁の方々について僕たちはよく知らないですよね。ドラマに込められたいろいろなストーリーもありました。見て楽しい時間を過ごしていただければ幸いです。そして、各分野でベストを尽くす方々を応援する気持ちで作られたドラマなので、見ていただけて嬉しく思っています。

●韓国ネットユーザーの反応●

「専門分野だから準備が大変そう」
「俳優たちもいろいろ勉強したんだろうな」
「毎週末楽しみにしてたのに終わるのが残念」
「コロナ過で撮影するスタッフも大変そう」
「エンディング最高だった」

●あらすじ●

JTBCドラマ「気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?! 」16話(視聴率7.3%)では、シウ(ソン・ガン)と仮面カップルだったことを告白したハギョン(パク・ミニョン)の様子が描かれた。

 会社ではシウが住宅ローンを調べているとハギョンと結婚するのではないかといううわさが広がった。社員たちはハギョンにやっと行くのかと聞くと、ハギョンは「どこに行くって言うの」と当惑した。さらに「結婚するんじゃないの?」と聞かれたハギョンは「根も葉もないうわさだ」と答えたが、社員たちは「できちゃったんじゃないのか」と続けた。

 ハギョンは「どういうことなの」と言うと、ミョンジュ(ユン・サボン)は「突然結婚のうわさが広まるからできちゃったのかと。最近、課長もコーヒーではなくゆず茶を飲むでしょう」と言った。

 ハギョンは「私は何もできてないし、シウの住宅ローンと私の結婚は何の関係もない。だからふざけたストーリーを広めないでほしい」と言うと、続けて「正直言うと、私とシウはもう何の関係でもない。この前の台風の時にすでに別れていたけど、そう言えばまたうわさになると思ってしばらくはカップルのふりをしていた」と明かした。

 しかしその時ギジュン(ユン・パク)が入ってきて、それを見てシウも入ってきて全てを聞いてしまった。ハギョンはシウに「聞いたでしょう。もうやめよう」と言った。