米国ロサンゼルス(以下、LA)の中心部に「SM ENTERTAINMENT SQUARE」の表示板が正式に設置された。

「SM ENTERTAINMENT SQUARE」はLS市内6番街とOxford Avenueの交差点を指す名前だ。28日(現地時間)、この場所に標識が立てられ、イ・スマンプロデューサーを「韓流とグローバルK-POP現象のパイオニア」と紹介するメッセージも一緒に書かれていて注目を集める。

これに先立ち、LA市議会は2020年10月、SMとイ・スマン総括プロデューサーがK-POPブームを率いてグローバル音楽市場で成し遂げた成果はもちろん、LA現地で韓国文化知らせるのに貢献した功労をたたえるため、「SM ENTERTAINMENT SQUARE」を命名した。また「SM ENTERTAINMENT SQUARE」は、ニューヨークのTIMES SQUARE(タイムズスクエア)のように象徴的な意味がある米国の通りの名前に韓国のエンターテインメント企業の名前が初めて命名されたということに意味がある。

イ・スマン総括プロデューサーはSMの創立者であり、グローバルK-POPシンドロームを起こした大韓民国を代表するプロデューサーだ。2005年にアジア市場で成し遂げた大きな成果を認められ、米国LA市場の功労杯はもちろん、2017年には文化人として初の「映像外交員賞」を受賞した。また米国「Variety500」に韓国人として初めて5年連続(2017〜2021年)選定され、米国「Asia Society」が授賞する「Asia Game Changer」を韓国人として初受賞、2020年には米国ビルボードの「The 2020 Billboard Impact List」に韓国人として唯一選ばれるなど、世界的な影響力と位相を立証している。