グループ「MAMAMOO」のムンビョルがカムバックと同時に輝かしいキャリアハイを達成し、ソロクイーン底力を見せた。

29日音盤販売量の集計サイトHANTOチャートによると、ムンビョルの新しいシングル「C.I.T.T(Cheese in the Trap)」は、発売初日で6万8000枚以上の販売を記録した。

これは、去る1月には発表した3rdミニアルバム「6equence」の発売当日販売量(3万4000枚)よりも約2倍増加した数値だ。続いて販売2日目である去る29日には、1月に発売した前作の初動販売量(約7万枚)を越えた数値である7万6000枚以上の販売量を達成。ソロクイーンの真価を今一度証明した。特にカムバック前の予約量が8万枚を超えており、ムンビョルの初動販売量の自己新記録に対する期待感も高潮している。

これだけでなくムンビョルの新譜「C.I.T.T(Cheese in the Trap)」は、発売直後ワールドワイドiTunesソングチャート5位を記録し、続いてYouTubeミュージックビデオトレンディングワールドワイドの上位圏に安着し、グローバル影響力を見せた。

このようにムンビョルはカムバックとともに音盤と音源パワーを同時に証明し、「信じて聞くソロクイーン」の歩みに期待が高まっている。

新曲「C.I.T.T(Cheese in the Trap)」は愛を奪うために躊躇わない大胆さを解いた曲であり、弾けるようなファンクなギターサウンドと淡白でありながらも力のあるムンビョル特有のボーカルが合わさり、愛らしいムードを完成させた。特にムンビョルはキャッチな感性に清涼感を加えたコンセプトとラブリーな魅力、卓越した音楽性で「オールラウンドミュージシャン」の存在感を見せている。

一方、ムンビョルは各種音楽番組と多彩なコンテンツを通じてカムバック活動を続ける計画だ。