オーディション番組「放課後のときめき」のデビューグループ「CLASS:y」が、「全知的おせっかい視点」に出演する。

30日、放送界の関係者たちによると「CLASS:y」はMBCバラエティー番組「全知的おせっかい視点」への出演を確定した。既に収録は終えており、5月中に出演分が放送される予定だ。デビュー前にもかかわらずMBCの看板番組への出演は異例だ。

バラエティー番組「全知的おせっかい視点」は、スターとマネージャーの日常を込めたリアリティー番組だ。「CLASS:y」のメンバーたちは「全知的おせっかい視点」を通じてデビュー準備過程をはじめとした日常を公開し、多彩な魅力を見せる予定だ。

「CLASS:y」は、去る2月に放送終了したMBCガールグループサバイバル番組「放課後のときめき」を通じて誕生した7人組のチームだ。

「CLASS:y」は5月5日に「CLASS IS OVER」を発売し、デビュー活動に突入する。アルバムタイトル曲はIU、「EXO」、「OH MY GIRL」などと呼吸を合わせ多数のヒット曲を書いた音楽プロデューサーライアン・ジョンのチームが作業した「SHUT DOWN」だ。

マネジメント社「M25」は最近ハイティーンゾンビブロックバスター物で制作した「SHUT DOWN」のミュージックビデオティーザー映像を公開し、「CLASS:y」のデビューに向けたグローバルK-POPファンたちの期待感を高めた。「CLASS:y」のメンバーたちは映画「新感染」やNetflixドラマ「今私たちの学校は」に出演経験のあるゾンビ専門俳優たちとミュージックビデオ撮影を行った。