俳優パク・ボゴムが国防の義務を終え、ファンの側に戻ってくる。

パク・ボゴムはきょう(30日)除隊する。去る2月21日に最後の休暇に出たパク・ボゴムは、残りの個人休暇及び転役前の休暇などを消化すると部隊に申請した後、きょう未復帰転役した。

新型コロナウイルスの部隊内拡散防止の為、軍は転役前の個人休暇使用時に部隊復帰せずに転役する政策を実施している。

パク・ボゴムは2020年8月に入隊し、海軍軍楽・儀仗大隊所属の文化広報兵として軍勤務を続けてきた。

一方、パク・ボゴムは去る2月10日に転役を前に海軍教育司令部、新兵教育大隊教育館で行われた「模範リーダー兵士軍服務成功事例教育」に一日教官として参加し、話題を集めた。

当時パク・ボゴムは新兵たちに「皆さんは必ず素晴らしく軍生活を全うする」とし、「軍服務期間は各自発展のための大切な時間であることを忘れず、肯定的な心持と健康な姿で決心したことを叶えることを願う」と助言した。