“HYBE初のガールズグループ”「LE SSERAFIM(ル・セラフィム)」が事前プロモーションだけで爆発的な人気を得ている。

「LE SSERAFIM」は5月2日、初のミニアルバム「FEARLESS」を発表しデビューする。 これに先立ち、「LE SSERAFIM」は先月28日、ロゴモーションフィルムを皮切りに洗練された映像コンテンツを順次オープンし、デビュームードを一層盛り上げている。

HYBE LABELS YouTubeチャンネルにアップされた彼女たちの事前プロモーション映像の総再生回数は、30日午後1時基準で3,000万ビューに迫る。

このように「LE SSERAFIM」は多彩なコンテンツを公開し、「クラスが違うチーム」の登場を予告した。それぞれメンバーの個性がにじみ出た個人紹介映像、「LE SSERAFIM」の誕生をファッションショーのコンセプトで、モデルがキャスティングコールを受け、ランウェイに上がる過程を演出した「L ESERAFIM CASTING CALL」が相次いで公開され、注目を集めた。「BTS(防弾少年団)」のビジュアルを担当してきたキム・ソンヒョンクリエイティブディレクターがチームのBIを含め、すべてのビジュアルコンテンツの制作を総括し、映像コンテンツに「LE SSERAFIM」の色をつけた。

さらにオムニバス形式で制作されたアルバムトレーラー「The World Is My Oyster」は、世界の視線に動揺せず、堂々と突き進む「LE SSERAFIM」の姿と、トップに立とうとする6人のメンバーの大胆な抱負を込めた。思いっきりトラックを走るレーシングカーと、サーキットで堂々としたウォーキングを披露するメンバーたちの姿は「LE SSERAFIM」の力強い魅力を見せた。

そして、練習室を思わせる場所にてメンバーたちがアスレジャー(アスレチックとレジャーを組む合わせた造語)ルックで、かっこいいダンスを披露するタイトル曲「FEARLESS」初のミュージックビデオティーザーも「LE SSERAFIM」が披露する音楽とパフォーマンスに対する期待感を高めた。

このように「LE SSERAFIM」は、新鮮な企画と完成度の高いコンテンツを絶えず披露しながら、“HYBE初のガールズグループ”らしい存在感を見せつけている。彼女たちのデビューアルバム「FEARLESS」の先行注文量は、29日基準で38万枚を突破し、事前プロモーションコンテンツが公開されるたびに、関連キーワードがTwitter全世界リアルタイムトレンドに上がり、「LE SSERAFIM」に対する熱い関心が集まっている。

一方で「LE SSERAFIM」は、5月2日初のミニアルバム「FEARLESS」を発表し、同日午後8時オン・オフラインファンショーケースが開かれる。