ソン・ジヒョが「ランニングマン」放送600回特集で獲得した優勝賞金800万ウォン(約82万円)を”家庭の月”5月を迎えて低所得家庭の子供のために寄付した。

先日、「ランニングマン」600回特集でメンバーたちは優勝者の名前で最大1,000万ウォンまで寄付できるルールでゲームをした。その結果、最終的にソン・ジヒョが優勝し寄付の代表者として総額800万ウォンを緑の傘子供財団に寄付した。今回の寄付金は低所得家庭の子供たちが心配せずに勉強し、夢を失わないように学費の支援に使われる予定だ。

緑の傘子供財団のイ・ジェフン会長は「今年100周年を迎える子供の日を控えて子供たちが思う存分夢を見られるように支援してくださった俳優ソン・ジヒョさんとSBS『ランニングマン』の出演者および関係者の皆様に感謝します」とし「緑の傘子供財団はこれからも児童たちが健康に成長し、夢を見られるような環境を作るために最善を尽くして努力します」と伝えた。