韓国ガールズグループ「LE SSERAFIM」のメンバーキム・ガラムがいじめ疑惑と関連し、直接口を開いた。

 2日午後、ソウル・チャンチュン(奨忠)体育館で開催された「LE SSERAFIM」のデビューアルバム「FEARLESS」 発表記念メディアショーケースでは、キム・ガラムのデビュー前の騒動に関する質問が出た。

 これについて、リーダーのキム・チェウォンがまず「リーダーとして先に申し上げてもいいですか」と口を開き、「現在、この事案については会社と話し合っており、手続きに合わせて対応中だ。この場で申し上げるのは適切でない場合があり、慎重になることをご了承願いたい。追って正確に申し上げる機会があるだろう」と答えた。

 続けて、キム・ガラムが直接「この部分については、わたしが何か申し上げるのが難しいという点をご理解いただければ幸いだ。これからLE SSERAFIMのメンバーとして、もっと頑張る姿をたくさんお見せしたい」とだけ述べた。

 これに先立って、キム・ガラムはオンライン上で過去のいじめ疑惑が浮上し、事務所が公式立場を発表して反論したことがあった。

 HYBEは「最近提起された疑惑は、該当メンバーが中学に入学してすぐに友人と付き合っていた時期に発生した問題を巧妙に編集し、該当メンバーを悪意的に中傷した事案である。一部の主張とは異なり、該当メンバーは中学校在学時に悪意的なうわさやサイバーブリングなど、いじめの被害者だったことが第3者の供述を通じて確認された」と説明。

 また「他の所属事務所の練習生や、弊社の内部文書が流出したことなど、全く事実でない内容も同時に流布していることを確認した」とし「弊社は、今回の疑惑がデビューを控えたアーティストを中傷しようとする悪意的な意図が十分にあるとみて、本事案と関連した一方的で歪曲(わいきょく)された主張や虚偽事実の流布に対して、SOURCE MUSICが法的措置に着手したことをお知らせする」と伝えた。

 また、HYBEは「弊社は現在、オンライン上で悪意的に提起されている疑惑を基盤とした推測性報道は控えていただくようお願いする」とし「現在提起された疑惑は、デビューを控えた芸能人である前に未成年者であるメンバーに対する人格冒とく的な内容を含んでおり、これを提起した主体に対していかなる合意や善処もなく、法的措置を取ることを明確に申し上げる」と警告した。