俳優のキム・ボムがtvNドラマ「九尾狐伝」のシーズン2となる新ドラマ「九尾狐伝1938」に出演する。

キム・ボムの所属事務所であるKINGKONG by STARSHIP側は3日、公式立場を通じて「キム・ボムがtvN新ドラマ「九尾狐伝1938」に「イ・ラン」役で出演する。 シーズン1に続き、再びお目にかかるキム・ボムに多くの期待と応援をお願いする」と伝えた。

「九尾狐伝1938」は、1938年の混沌の時代に不時着した九尾狐イ・ヨン(イ・ドンウク扮)が繰り広げるアクションドラマだ。 先立って2020年に放映されたシーズン1のカン・シンヒョ監督、ハン・ウリ作家と俳優たちが再び意気投合しファンの関心が集まっている状況だ。

キム・ボムは劇中の伴侶「イ・ラン」役に扮する。 兄に向けた愛憎の感情を持っていたイ・ランは、1938年に召喚されたイ・ヨンに会い、変わらない反抗期を披露する予定だ。 昨シーズンでイ・ヨンのために犠牲になるエンディングで多くの人に余韻を残したイ・ランだったことから、彼が描いていく過去はどのようなものなのか、新しいストーリーの展開が注目される。

キム・ボムは最近、多様な作品を披露し、代替不可能な俳優として確固たる地位を築いた。 彼はJTBC「ロースクール」を通じてドラマの中心で事件の糸口を解いていく活躍を繰り広げ、キャンパスミステリー物への没入感を誘発した。 また、最近放送が終了したtvN「ゴースト・ドクター」では胸部外科レジデントに変身し、医学物はもちろんファンタジーとコメディジャンルまで消化し「キム・ボムの再発見」という好評を得たりもした。 これに対し「九尾狐伝1938」で再度「熱心な歩み」を継続する彼に早くも期待が高まる。

一方、キム・ボムをはじめイ・ドンウク、キム・ソヨン、リュ・ギョンスなどが出演するtvNの新ドラマ「九尾狐伝1938」は2023年放送予定だ。