グローバルショート動画プラットフォーム「TikTok」が、K-POPトレンドのバロメーターとして急浮上している。「TikTok」で人気となった音楽が音源チャートでも人気を得るようになり、自然と大衆音楽トレンドをリードしている。業界のある関係者は、「『TikTok』を通じて予想できなかった収録曲の人気、過去の曲のチャート逆走など、既存のタイトル曲や新曲中心の人気チャートでは無かった現象が起きている」とし、「このような変化を感知したMelon、K-POP Radar、GAONチャートなど主要音源プラットフォームとチャートが『TikTok』データを積極的に活用している」と話した。

実は歌謡界では「TikTok」が必須アイテムになって長い。「TikTok」ダンスチャレンジが曲の人気に大きな助けになるからだ。

各事務所は所属歌手の新曲発表に劣らず、ダンスチャレンジでもヒットを狙っている。音源の場合、チャート上位圏に進入が出来なければ、新曲を紹介する道が事実上ないが、ダンスチャレンジの場合、ファンたちと一般人たちの好評を導けば自然と人気を得られるという点で試される挑戦だ。

何よりもダンスチャレンジは新曲もタイトル曲も過去曲もその対象になると言った点で、歌謡界のマーケティング担当者たちの興味を引いている。また、一般人が直接作るダンスチャレンジにより、該当曲が強制的に音源チャートで逆走する事例もある。代表的な曲として「ENHYPEN」の「Polaroid Love」、「TRESURE」の「DARARI」が「TikTok」で人気を得た後、音源チャートでも逆走を記録した。

これが「TikTok」特有のユーザーフレンドリーなインターフェースと、簡単な接近性が大きな役割をしている。複雑な手続きなしに簡単に動画を撮影しアップロードでき、音楽も別に準備する必要なく「TikTok」より提供される音楽を挿入すればいい。特にMZ世代(1980年〜2010年頃に生まれた世代)の好みを反映した縦形の映像はスマートフォンさえあれば、簡単に楽しめるコンテンツだという点も強みになっている。

歌謡界のある関係者は、「ZICOの『any song』が2020年Melon年間チャートで1位を獲ったのは、『TikTok』で行われた『any song ダンスチャレンジ』の影響が大きい」とし、「『TikTok』は負担の無いショート動画プラットフォームだから、一般人も参加がしやすいという利点がある」と話した。続けて、「音源チャートに無い曲も『TikTok』で十分に音楽とダンスが良ければ人気になる点で、新しい大衆性の指標として数えられる」とし、「『TikTok』を活用するアーティスト、事務所、プラットフォームとチャートなどがさらに増えるだろう」という展望だ。

実際に、「TikTok」のデータを活用した事例が増えている。
Melonは去る4月8日、『TikTok週間チャート30』を新設した。「TikTok週間チャート30」は毎週末に「TikTok」内の音源使用率TOP30を基準にアップデートされるチャートだ。

また、KBSの音楽番組「ミュージックバンク」は、2月4週目からK-チャート順位に「TikTok点数」が反映されたGAONチャートを反映し始めた。「K-チャート」の集計方法は、デジタル音源(60%)、放送回数(20%)、視聴者選好度(10%)、音盤(5%)、ソーシャルメディア(5%)が各比率で合算されるが、ソーシャルメディア部門にGAONチャートが提供するYouTube及びTikTok点数が新しく追加され、注目を集めた。

さらにGAONチャートを運営する韓国音楽コンテンツ協会は、昨年6月に「TikTok」の音楽データを国内大衆音楽公認チャートであるGAONチャートに反映する内容のパートナーシップを締結し、「GAONソーシャルチャート2.0」に「TikTok」データ(音源映像たちの再生回数といいね数など)を反映している。

「TikTok」も韓国アーティストの為の支援を惜しまない。「TikTok」は2020年ローンチした韓国アーティストたちの公演ライブ「TikTokステージ」に続き、韓国だけでなく全世界の使用者たちが「TikTok」で音楽を楽しめる多様なライブコンテンツを拡大している。

「TikTok」は華麗なコンサートステージの後、平穏な雰囲気の中でK-POPアーティストたちが近況と率直な話をファンたちとリアルタイムで共有す、疎通するライブコンテンツ「TikTokアーティストバックステージ」を長期的に行っている。「TWICE」、「STAYC」、「WEi」、「aespa」など多様なK-POPアーティストたちが書く公式アカウントで「TikTokアーティストバックステージ」を行い、ファンたちとの出会いを持っている。