歌手IUが、”こどもの日”を迎えて寄付をした。

5日、所属事務所EDAMエンターテインメントによると、IUは、今年で100周年を迎えた"こどもの日"を記念して、片親や祖孫家庭の青少年に1億ウォン(約1000万円)を寄付した。

IUは「多くの方々からいただいた愛を、子どもたちと分かち合おうと、助けが必要な場所に心を伝えることにした」とし、「全ての子どもたちがもっと明るく笑って、幸せな未来を夢見ることができるこどもの日になってほしい」と感想を伝えた。

今回の寄付金は、緑の傘こども財団(グリーンノーブルクラブ)を通じて経済的困難を経験している低所得の親や祖孫家庭の児童・青少年の生活安定資金、大学入学を控えた子どもたちの学資支援、世話が必要な子どものための住環境及び生活用品支援などに使われる予定だ。

IUはデビュー以降、特別な記念日ごとにファンクラブの名前である「UAENA(ユエナ)」と「IU」を組み合わせた「IUAENA(アイユエナ)」という名前で着実に慈善活動を実践してきた。また、福祉の死角地帯に置かれた貧しい人々のために持続的に関心を持ち、寄付の先頭に立って善良な影響力を発揮している。

IUは、来る6月8日、映画「ベイビー・ブローカー」の公開を控えており、今月開かれる第75回カンヌ国際映画祭競争部門に公開招待されて出国を控えている。