グループ「少女時代」のメンバーユナとソヒョンが、俳優として百想芸術大賞で再会した。

ソヒョンは7日午後自身のインスタグラムに、6日に行われた第58回百想芸術大賞参加の認証ショットを掲載した。

特に該当の写真では、ユナとのツーショットが込められ、視線を奪った。ユナとソヒョンはそれぞれ映画部門の女性最優秀演技賞、女性新人演技賞の候補となり百想芸術大賞に参加した。

2人は合わせたかのようにそろって純白のドレスを着て参加し、「少女時代」15年目の特別なケミストリーを見せた。ここに優劣つけがたい女神のような美貌を見せ、ファンたちの感嘆を呼んだ。

ソヒョンは「百想で再会したユンヒョン(ユナとソヒョン)、やっぱり少女時代はホワイトでしょ」という愛情あふれるメッセージを残した。