MBC金土ドラマ「明日」は、回を重ねるごとに死の入り口に立った人々の痛みと彼らを生かそうとするキム・ヒソン(ク・リョン)、「SF9」ロウン(チェ・ジュヌン)、ユン・ジオン(イム・リュング)の活躍が盛り込まれ、視聴者に深い余韻を与えている。 このような「明日」への熱い反応は国内だけでなく海外でも好評を得て、韓国型ファンタジードラマの地位を立証している。

ドラマの人気はまず、グローバルOTTストリーミング順位で現れている。 「フリークスパトロール」によると、「明日」は4月の1か月集計でベトナム、香港、日本、インドネシア、台湾などアジア圏国家の順位のトップ4〜6に着実に上がった。 さらに5月に入って人気はさらに上昇曲線を描いた。 特に2日「フリークスパトロール」香港集計を調べれば、ドラマ「明日」はTVShows部門はもちろん映画を含む全体順位で1位を記録した。

また、海外メディアやドラマ専門ブロガーの好評も続いている。 彼らは「明日」の面白さを死神と死後の世界など斬新な素材をはじめとする人間に対する温かい省察から見出している。 また「死んだ人」を救うのではなく「死にたい」人を救う死神という反転も作品の面白さを加える要素だ。

英国のマガジンNMEは、「明日」が超自然的なテーマを扱ったドラマという点で興味を示している。 このメディアは西洋では簡単に接近しにくい死後の世界と魂の移動のような独特なドラマの素材に言及しながら「人々が過去のトラウマでどれほど苦しめられ、それをどのように克服していくのかを深く探求し柔らかく解いていった作品」と評価した。

ベトナムメディアのタイン・ニエン紙は、「明日」を「治癒ドラマ」と表現した。 また、記事を通じて「”自殺”のような韓国の敏感な問題を洗練された手法で解決していく展開と演出に驚くばかりだ」とし、「胸の痛む話がファンタジー要素と加わり興味が倍増する」と付け加えた。 それと共に「10代自殺率が高まっているベトナムにも、様々なメッセージを投げかける作品」と評した。

香港日刊紙サウスチャイナ・モーニング・ポストのコラムニストであるピアース・コンラン氏もやはり「明日」が扱う素材に注目した。 このコラムニストは「韓国の最も大きな社会問題の一つである”自殺”を作品全般に配置した作品」とし、「人間に対する省察が目立つ作品であるため感動を与える」と付け加えた。

このようにドラマ「明日」は、社会問題として台頭している敏感な素材をエピソード形式で解き、視聴者たちに深い共感とヒーリングを与えている。 ここに毎出演作を話題作に変貌させる女優キム・ヒソンが死神独占企業「走馬灯」のカリスマあふれる危機管理チーム長ク・リョン役を引き受け、ドラマの中心を率いており、これに加えてロウン、イ・スヒョク、ユン・ジオンはもちろんカン・スンユン、イ・ノア、チョン・ムソン、ミン・ジヌン、チャ・ハクヨン、キム・ジュンギョンまで俳優陣の熱演が際立ち、没入感を高めている。

一方、「明日」は「死んだ者」を導いていた死神たちが、「死にたい人々」を生かす死神オフィスヒューマンファンタジー。 MBC金土ドラマ「明日」は毎週午後9時55分に放送されている。