女優ソン・ジヒョが歌手キム・ジョングクとのラブライン裏話をはじめ恋愛、結婚に対する率直な考えを明らかにした。

10日に放送されたケーブルチャンネルMBC every 1「トッポッキ屋さんのお兄さん」には長兄チ・ソクジンと12年間職場の同僚であるソン・ジヒョがゲストとして出演した。 2人はSBSバラエティ番組「ランニングマン」に一緒に出演中だ。

この日、ソン・ジヒョは「ランニングマン」のメンバー、キム・ジョングクとのラブラインについて「率直に言えば最初のころ私がすごく嫌がっていた」と打ち明けた。

「ジョングクさんにも『私たちそういうのはやめよう』と頼んだ」というソン・ジヒョは「ケリさんとラブラインがあったが彼が番組を去って、ある瞬間から私がジョングクさんとラブラインだった。 私は一人なのに、男2人とラブラインをすることが自ら容認できなかった。 とても嫌だった。 それで私がお願いした」とし「ところがある日(ラブラインのリアクションを)受けたが反応が良かった。 『やってもいいのかな?』と思いながら、今ではもっとやってほしいと頼んでいる」と笑った。

「ソン・ジヒョとキム・ジョングクが結婚すれば全財産を与える」と宣言していたチ・ソクジンは「今も有効なのか」という質問に「そうではない」と言葉を変えて「2人が結婚すれば大型テレビを買ってあげると言ったらジョングクがそんなことがあるはずはないが、もし結婚しても兄さんは来ないでほしいと言われた」として照れくさそうな笑いを見せた。

ソン・ジヒョは「キム・ジョングクを見てドキドキしたことがあるか」と尋ねられると「全くない」と答えた。 実際の理想のタイプは「ジョングクさんとは正反対の人」として「少しお腹が出てクマのプーさんのようなスタイルが好きだ」と説明した。 キム・ジョンミンがこれを聞いてお腹を突然突き出して皆を笑わせた。

ソン・ジヒョは自分は合コン経験がなく、自然な出会いを追求するスタイルだと明らかにした。 そして、「結婚のために男性に会いたくない。 男性に会って結婚したいと思ったら、その時にしたい」と結婚観を明らかにした。