韓国の7人組男性ヒップホップグループ「BTS」が米国ビルボードチャートで熱い人気を続けている。

米国の音楽専門媒体ビルボードが10日(現地時間)に発表した最新チャート(5月14日付)によると、「BTS」は’ビルボードグローバル(米国除外)’で昨年5月に発売した「Butter」で31位、「Coldplay」とコラボし昨年9月に発売した「My Universe」で36位に位置した。

’ビルボードグローバル200’では「Butter」が51位、「My Universe」が62位に安着した。世界200以上の国家/地域のストリーミングと販売量を集計し順位をつける2つのチャートで「BTS」は、32週連続で上位圏を維持している。

「BTS」の「Dynamite」、「Permission to Dance」も“ビルボードグローバル200”と“ビルボードグローバル(米国除外) ”に停まることなくランクインされた。’ビルボードグローバル200’チャートで「Dynamite」が65位、「Permission to Dance」が186位を記録し、’ビルボードグローバル(米国除外)’では「Dynamite」が42位、「Permission to Dance」が93位に位置した。

「BTS」は “ワールド”チャート上位圏でもアルバムが続々とランクインした。2020年11月に発売された「BE」は“ワールドアルバム” 5位と’トップカレントアルバム’55位を記録した。2017年9月に出た「LOVE YOURSELF 承 ‘Her’」は“ワールドアルバム” 6位と“トップアルバムセールズ”56位に位置した。2018年5月に出た「LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’」は“ワールドアルバム” 7位、2020年2月発売の「MAP OF THE SOUL : 7」は“ワールドアルバム”8位、2019年4月発売の「MAP OF THE SOUL : PERSONA」は“ワールドアルバム” 9位、2018年8月発売の「LOVE YOURSELF 結 ‘Answer」は“ワールドアルバム” 12位にランクインされた。

一方、先月発売された「BTS」シュガと PSYのコラボ曲「That That」も、ビルボードチャートで頭角を現してきた。「That That」はビルボードメインシングルチャート“HOT 100”に80位として進入し、”ワールドデジタルソング売上”1位、”デジタルソング売上”とビルボードグローバル(米国除外)’2位、“HOTカナダデジタルソング売上”4位、’ビルボードグローバル200’で5位、“LyricFindグローバル”16位、“カナダHOT 100”でも41位に位置した。