レギュラーメンバーだったRAVI(VIXX)が抜けて再び5人となり、メインPD(演出家)も交代し、新体制となった「1泊2日シーズン4」(KBS第2)第124話が5月8日(日)に放送された。

やはりメインPDが変わると、番組の雰囲気も変わるものだ。今回から演出を手掛けるイ・ジョンギュPDは、キム・ジョンミンと「1泊2日」のシーズン1、2を共にした仲で、11年前の映像が残っていた。

たまたま、この日のロケの始まりは雨だったが、キム・ジョンミンが「引っ越しをするとき、雨が降ると縁起が良いっていうけど」とニッコリしながら現れ、イ・ジョンギュPDが「良い言葉をありがとうございます」とあいさつしながらの再会だった。確かにこの後、すごい偶然の出会いが起きたので、この迷信、あながち嘘ではないのかもしれない。

まず、この日の放送は、韓国では5月を「家庭の月」と呼ぶが、それにちなんで、一人暮らしをしている新メンバー、ナ・イヌの家に突撃家庭訪問するところから始まった。メンバー宅を家庭訪問するのは、シーズン4では初めてのことだ。

何も知らずに寝ぼけ眼でドアを開けてしまったナ・イヌの家に、メンバーたちがゾロゾロ入り込み、何か怪しいものがないか、家中をチェック。ところが、引っ越して1か月ぐらいだというナ・イヌの家にはソファやテーブルもなく、ミニマリズムハウス。DinDinが、この家を見る限り、ナ・イヌに彼女がいる気配はないと推察するほど、キレイに片付いた独身男性の部屋だった。

そこでさっそく、“ナ・イヌの支度を整え、5分以内に家を出る”ミッションを受けたメンバーたち。強制的にナ・イヌの顔を洗ったり、洋服やバッグを選んで着させたりし、ミッションを成功させた。ナ・イヌがアロハシャツにゴルフパンツを合わせた格好をしているのは、メンバーたちがわざと変な格好にさせようとしたのだが、意外と着こなし、似合ってしまった(?)ということだ。

そうして、オープニングの場所に向かった5人が到着したのは高速道路の料金所。ヨン・ジョンフンが「チームが変わったから、気合を入れようと料金所で始まるのか」とワクワクした様子を見せたが、キム・ジョンミンいわく、シーズン1ではよく使われていた場所なのだとか。料金所で始まるオープニングも、やはりシーズン4では初めてのこと。原点回帰なのか、シーズン1の感性が漂うオープニングだったため、当時を知っている人には懐かしい光景だっただろう。

そして、今回の旅は親孝行チームと親不幸チームに分かれ、旅を展開。サービスエリアでミッションを行っていたとき、ムン・セユン&DinDinの親孝行チームに偶然の出会いがあったのだ。ロケをしているところに突然入り込み、ムン・セユンがキョトンとなった相手。なんと大御所俳優イ・スンジェだったのだ。「全州国際映画祭」に向かう途中、サービスエリアに寄ったらしい。

イ・スンジェを「先生」と呼び、恐縮しきりのムン・セユンに対し、「先輩」と呼び、人懐っこさを見せるDinDin。最近、DinDinは「熱いシンガーズ」(JTBC)でも、大御所女優キム・ヨンオクとの親交を見せたばかりなだけに、普段なかなか会えない大御所2人と相次いで会うというのが神がかっており、DinDin自身、大御所からかわいがられる資質もあるようだ。

「何か撮ってるのかい?」と声をかけてきたイ・スンジェに「1泊2日」だと答えた2人は、会えて光栄だとし、一緒に写真を撮りたいとお願いして記念撮影にも成功。こんな不思議な偶然があるとは、やはり「1泊2日」という番組は何か持っているのかもしれない。

なお、RAVIは11日(水)に放送されたトークバラエティ「ラジオスター」(MBC)にゲスト出演し、「1泊2日」について語る場面も。メインPDが変わるタイミングで、自分も兵役のことなどがあるため、「1泊2日」を離れることを決心したと明かし、注目メンバーとしてナ・イヌを挙げた。

ナ・イヌがまだ「1泊2日」のメンバーになる前、偶然にもキム・ジョンミンと共に「ラジオスター」にゲスト出演したことがあった。そのとき、ナ・イヌはいつか「1泊2日」にゲスト出演したいとアピールしていたのだが、それがレギュラーという形で実現。人との距離の詰め方も早く、メンバーたちともすぐに馴染み、カメラがあってもなくても全く変わらず、人とはちょっと違うと感じていたというRAVIはナ・イヌの活躍を期待しているとエールを送っていた。

初期シーズンをよく知る新しいイ・ジョンギュPDが率いる新生「1泊2日」。視聴率だけを見ると、RAVIとパン・グリPDの最後の旅となった前回の8.4%(ニールセンコリア調べ、全国基準)を1.3ポイント上回る9.7%を記録し、まずまずの船出となった。