俳優キム・ソンホが、舞台「運命を分けたザイル」に出演することが分かった。

 「運命を分けたザイル」は、7月8日からテハンノ(大学路)アートワンシアター2館で上演される。

 吹雪が吹きつける巨大な雪山、冷酷な大自然に閉じ込められた恐怖、その恐怖に勝ち抜いた生きる闘志を描いた舞台「運命を分けたザイル」は1985年、誰も登頂したことがなかったペルーのアンデス山脈のシウラ・グランデの氷壁に、アルパインスタイルで挑んだ英国人登山家ジョー・シンプソンと、サイモン・イェーツの生存のための実話を基にした作品だ。

 同名の回顧録やドキュメンタリー映画として、すでに多くの人々に驚きと感動を伝えている同作は、舞台としては2018年に英国で初演され、“舞台の上で不可能なことはないということを証明した公演”、“高まった戦慄と緊張感に頭がくらっとする”等の賛辞を受けて、ジャンルを超えた実話という重たい感動を立証した。

 2022年の韓国初演では、技術的限界で舞台ではなかなか描けなかった“山岳遭難”状況を、没入型の音響技術を含む観客の五感と想像力を呼び覚ます、舞台だけの言語で視空間の制約を突き抜けて見せる予定だ。

 キム・ソンホは、遭難事故で雪山に孤立してしまうジョー役を、舞台で活躍する俳優シン・ソンミン、イ・ヒジョンとのトリプルキャストで務める。絶望と孤独を前に、生きるために闘い抜くジョーをどう演じるか、期待が高まる。

 一方、「運命を分けたザイル」は7月8日からテハンノにあるアートワンシアター2館で公演され、6月2日からチケット発売を開始する。