<「王になった男」OST(サントラ)、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「王になった男」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、子役出身で「太陽を抱く月」、「ホテルデルーナ」などで活躍するヨ・ジングと、同じく子役出身で「袖先赤いクットン」でヒットを飛ばしたイ・セヨンがタッグを組んだ作品。映画ではイ・ビョンホンが王役を演じた。
朝鮮時代、道化師のハソンはある日王を揶揄する演目を行い、王の側近に見つかってしまう。しかし仮面の下の顔が王と瓜二つだったため、王の影武者になることに。ハソンが宮殿に入り、王妃ソウンと出会いストーリーが進んでいく。

今日の1曲はソン・シギョンが歌う「あなたのそばなら」。

<歌詞の解説>

「たった一度でわかること 心が感じること あなたはたしかに明るく輝いて こんなにときめいて こんなにも怖くなる 大切なものはいつも 人をためらわせる なぜそんなに切なく笑うのかな じっとあなたを見つめて 僕の望みは多くなる」歌詞の最初では、ハソンがソウンに出会った頃の心情が表現されている。

※サビ「僕がそばにいられるなら あなたの全ての夜と昼に ただ一緒にいられるなら 息をするたびに幸せになれるのに 一歩歩くたびに幸せになれるのに 苦しくてもあなたのそばにいられたら」サビでは、一途な恋心が伝わる。

「簡単にたどり着けない場所だと わかっていても行きたくなる 少し離れたところにあるあなたという道は美しくて 一歩近づけば一歩遠ざかる 輝きがまぶしくて いつも僕は周りをただよう あなたの悲しみを背負いたくて あなたを思い浮かべると 僕の望みは多くなる」ソウンへの想いが届かないものであることを表現した内容になっている。

「一日中君を見ていたら 一瞬でも逃したくない あなたは僕の世界そのものだから まばたきするたびに恋しい 首を振るたびに思い出す あなたがいる場所に僕がいたら」叶わぬ恋の切なさが歌詞から伝わる。

「初めて守りたいものができた 君を抱きしめていると」ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

※サビのリピート

歌手ソン・シギョン(本名:同じ)は1979年生まれ。ソロの男性シンガーソングライター。日本語を学んでおり、日本語で曲を出したり取材を受けたりなどの活動も行っている。日本語もある程度流暢に話せるようだ。
バラード中堅歌手としてこれまで多くのOSTに参加しており、「九尾狐伝」、「雲が描いた月明かり」、「王になった男」、「星から来たあなた」、「シークレットガーデン」などがある。穏やかな歌声が特徴で、心地よい曲が多い。

<ネットユーザーの反応>

「ドラマにピッタリの歌」
「やっぱりバラードの王ソン・シギョン」
「ハソンとソウンの雰囲気にあう歌声」
「曲を聞いていると泣けてくる」
「ソン・シギョンのバラードは絶対的」

「王になった男」ではヨ・ジングと、イ・セヨンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。