いよいよ終盤に入ってきたtvN大人気バラエティー「見習い社長の営業日誌2」。5月12日(木)に放送された第12話では、前回に引き続き、女優キム・ヘス、ハン・ヒョジュ、パク・ギョンヘがアルバイトとして合流した営業8日目の後半部分から、ハン・ヒョジュが一足先に帰るまでが公開された。

今回はキム・ヘス、チョ・インソン、ハン・ヒョジュの関係性が面白い回だった。キム・ヘスのラブリーさ、ちょっと天然(?)なところは今回もほっこりポイントだったが、それに加え、今回は特にハン・ヒョジュの新たな一面も見られた気がする。

スーパーに買い物に来たお客さんのほとんどが、生のキム・ヘスを見てビックリしたり、感動したりし、目がくぎ付けになる中、好きな芸能人は一人しかいないが、それがハン・ヒョジュだという男性客がいた。その男性客がハン・ヒョジュを見るや驚き、恥ずかしいのか逃げるように店を出てしまうと、その客を追いかけていき、「私のことが好きなんですよね?」と積極的なハン・ヒョジュ。そこにチョ・インソンも加わり、ちょっとしたファンサービス(?)を見せた。

夕飯メニューの準備では、ハン・ヒョジュがスペシャルメニューを担当。鼻歌を歌いながら準備に取り掛かり、この土地の特産物である梨を使い、ざくろとチーズをトッピングしたデザートを手際よく作った。試食では、手が止まらないほどおいしそうに食べるキム・ヘスに続き、厳しい評価をすると言っていたチョ・インソンも食べた瞬間、合格点を出した。また、ハン・ヒョジュとチョ・インソンが、食べるときはフォークか箸かで意見が分かれ、真剣に話しているとき、キム・ヘスがそっと手を伸ばし、手で食べるという第3の食べ方を見せたシーンはまるでコントのようで、キム・ヘスがなんともかわいかった。

キム・ヘスは、ハン・ヒョジュのことを本当にかわいがっているようだ。キム・ヘスがハン・ヒョジュをすっぽり抱きしめると、ハン・ヒョジュがキム・ヘスと初めて会ったとき、このようにギュッと抱きしめてくれて、思わず泣いてしまったというエピソードを披露。そのとき、キム・ヘスが愛おしそうに抱きしめながらハン・ヒョジュのおでこにチューをし、ハン・ヒョジュはお母さんに甘える子供のような表情をしていた。キム・ヘスの抱擁には、何か泣けるボタンがあり、すごく温かいのだそうだ。それにはチョ・インソンも「分かる」とうなずき、共感していた。

この日の営業を終え、夕飯タイムでは、チョ・インソンとチャ・テヒョンが、今回キム・ヘスがゲスト出演を引き受けてくれたことに感謝。すると、今度はキム・ヘスがチョ・インソンのことを褒め始めた。

そこに、チョ・インソンとは20代のとき、CM撮影で何度か会ったことがあり、今回Disney+のオリジナルシリーズ「ムービング」で共演するハン・ヒョジュも加わり、現場でのチョ・インソンの周りへの気配りや仕事のし方、人の面倒の見方など、立ち振る舞いを見ながら学んだと明かした。また、ハン・ヒョジュはCM撮影でヒマラヤに行き、山の頂上でラーメンを食べたことなど忘れられない思い出話も。

チョ・インソンの褒めタイムが終わると、次のターゲットはハン・ヒョジュ。キム・へスはハン・ヒョジュのことを「年齢のわりに、とても思慮深い。そしてすごく生真面目で正直」と表現し、俳優というのはサバサバしているほうだが、自分が会った女優の中で、一番サバサバしていると語った。思わずハン・ヒョジュが「それは良いことですよね?」と聞き返し、一つも飾っていないということだと説明するキム・ヘス。すると、悪ノリ(?)したチョ・インソンがハン・ヒョジュに「兄貴って呼んでもいい?」、チャ・テヒョンも「ブラザー。そろそろ肉でも焼いて」とちゃかし、笑いに包まれた。

そして、仕事の関係で先に帰らなくてはいけないハン・ヒョジュは、店に足を踏み入れたとき、その様子が漫画のような光景だったのが忘れられないとし、「とても楽しくて、幸せでした」と充実した表情を浮かべた。そんなハン・ヒョジュの頬をなでるキム・ヘス。本当にキム・ヘスのハン・ヒョジュへの愛情表現がほほ笑ましい。

ハン・ヒョジュは、キム・ヘスがまた自分たち後輩のことを褒めるんだろうなと思って来たので、逆にキム・ヘスの良いところをもっとたくさん話したかったそうだ。それができなかったので、名残惜しいと言うと、みんなが言うほど良い人でも、良い大人でもないと謙遜するキム・ヘス。すると、チャ・テヒョンがそれを否定し、みんながキム・ヘスを良い人だと感じているからそう話すのだとし、ハン・ヒョジュもその存在自体、ありのままの姿が好きだと返した。うらやましいぐらいステキな先輩後輩の温かい関係性が画面いっぱいに広がっていた。次回は最終回が放送される。