韓国ガールズグループ「LE SSERAFIM」のメンバー、キム・ガラムが再びいじめ疑惑に包まれた中、所属事務所側が既存の立場を固守した。

 16日、所属事務所SOURCE MUSICの関係者はマイデイリーに「会社側が明らかにした既存の立場文から変わった内容はない。法的対応を始め、詳しい内容は法的手続きを通じて明らかになる」と伝えた。

 最近、オンラインコミュニティを通じてキム・ガラムのいじめ疑惑と関連した追加暴露文が拡散した。あるネットユーザーが公開した「学校暴力(いじめ)対策自治委員会の結果通知書」にキム・ガラムが加害学生と記録されたためだ。

 該当文書には「事案番号:2018-3学校暴力予防および対策に関する法律第16条、17条 措置事項を次のように通知します」という文とともに「加害生徒1年3組キム・ガラム」、「被害生徒1年2組」と記されている。

 ここにキム・ガラムが1年3組だったという証拠として修練会(合宿)当時に撮ったという写真が提示された。まだ該当文書と写真の真偽は明らかになっていないが、これらすべてオンラインコミュニティを通じて急速に拡散されている。

 キム・ガラムをめぐるいじめ疑惑は今回が初めてではない。デビュー前である4月、「LE SSERAFIM」の2人目のメンバーとしてキム・ガラムが公開された。その直後、オンラインコミュニティを中心に、キム・ガラムがいじめの加害者だという主張と暴露文が掲載された。

 当時、SOURCE MUSICは公式立場を通じて「一部の主張とは異なり、該当メンバーの中学校在学時に悪意的なうわさやサイバーブリング(ネットいじめ)など、いじめの被害者だったことが第3者の供述を通じて確認された」とし「いかなる合意や善処もなく、法的措置を取る」とし、疑惑を全面否認した。

 その後、キム・ガラムは5月2日に開かれたデビューショーケースでこれに関する質問を受けたが「わたしが何か申し上げるのが難しいという点をご理解いただければ幸いだ。これからLE SSERAFIMのメンバーとしてもっと頑張る姿をたくさんお見せしたい」と慎重な態度を取った。