子役出身の女優キム・セロン(21)が飲酒運転事故で摘発される物議を醸し出したにも関わらず、謝罪に名乗り出ず、ファンたちを失望させた。

 18日、所属事務所のゴールドメダリスト側は、キム・セロンの飲酒運転容疑と関連して、「正確な検査のために採血検査を行い、検査後保護者の同行の下で他の調査なく帰宅措置された」とし、「採血検査結果は2週間後に出る予定で、キム・セロンは今後警察の要請に誠実に臨む」と説明した。

 ソウル・カンナム(江南)警察署はキム・セロンを道路交通法違反の疑いで立件し捜査中。

 警察は同日午前8時頃、「江南区チョンダム(清潭)洞付近で走行中の車が明らかにふらついている」という多数の通報を受け出動し、キム・セロンを逮捕した。

 飲酒感知の結果、陽性反応が出て警察が血中アルコール濃度を測定しようとしたが、キム・セロンがこれを拒否し採血を要求、近くの病院で採血を行った。

 当時、車にはキム・セロン以外にも同乗者1人がさらにいたと伝えられた。

 キム・セロンは同日午前中、ガードレールや街路樹などに何度も衝突したことが明らかになったが、幸いにも人的被害はなかった。

 今回の事故で現場一帯が修羅場と化した。キム・セロンの車が変圧器などに衝突したため、近くの信号の数々が消え、市民たちも大きな不便を強いられた。

 特にキム・セロンがキャスティングされたSBSドラマ「トロリー」、動画サービスNetflix(ネットフリックス)オリジナル「猟犬たち」側にも火の粉が飛んだ。すでに撮影を始めた作品もある。

 「猟犬たち」側は同日、「現在撮影中だが、以後の撮影日程は調整予定」とし、「十分な論議後、整理され次第お話しする」と明らかにした。
 
 物議を醸し出したキム・セロンは沈黙し、公式立場を出した所属事務所も謝罪の一言もなく、大衆の怒りを高めている。