※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

SBS金土ドラマ「アゲイン・マイ・ライフ」は人生2回目、能力値最高レベルの熱血検事による復讐劇。

先週、緊張感の頂点で11回の視聴率はニールセンコリア基準首都圏10.8%、全国10.7%、瞬間最高12.1%を記録し、再び自己最高視聴率を更新、全チャンネル同時間帯1位と金土ドラマ1位を再び固め、勢いよく上昇した。 また、12回の放送基準で話題性と競争力指標である2049ターゲット視聴率は4.6%を記録したが、これは先週放送されたすべてのプログラムの中で最も高い数値で1位を守り、週末のお茶の間劇場最強者になった。

その中で「アゲイン・マイ・ライフ」側は18日、連日あふれている好評の秘訣として俳優たちの熱血エネルギーが込められたビハインドスチールを公開した。 イ・ジュンギ(キム・ヒウ役)からパク・チョルミン(キム・チャンソン役)まで、現場の俳優たちはハン・チョルス監督のディレクティングに合わせて、きちょうめんなリハーサルモードで撮影現場を盛り上げている。 真剣に呼吸を合わせていくイ・ジュンギ、キム・ジウン(キム・ヒア役)、キム・ジェギョン(キム・ハンミ役)はもちろん、チョン・サンフン(イ・ミンス役)、キム・ヒョンムク(チャン・イルヒョン役)の姿に完成度の高い演技のための情熱がそのまま溶け込んでいる。 リハーサルから本番に劣らない真剣さを見せてくれるイ・ジュンギクルーの粘り強さが信頼を高める。

勢いに乗ったチームプレーを見せているイ・ジュンギクルーの深みのあるケミストリーは、愉快指数100%の現場の雰囲気を見せてくれる。 特に、イ・ジュンギとチョン・サンフンは、現場をリードするムードメーカーとして活躍しており、カメラに向かって送るキム・ジウンとキム・ジェギョンの優しい笑顔は、見る人まで気持ちよくさせる。 特にパク・チョルミンは次々とあふれ出す暴風アドリブでキム・ヒジョン(イ・ミオク役)と撮影現場を爆笑させ、「アゲイン・マイ撮影場」と自然に呼ばせる幻想の現場を見せている。

「アゲイン・マイ・ライフ」は、12回を基点にまともに爆発したキム・ヒウクルーのビルドアップ戦術とキム・ヒウ、チョ・テソプ(イ・ギョンヨン)との手持ちのカード争いで緊張感が頂点に達した。 キム・ヒウは正義の前で直進しか知らない暴走機関車のように、半島銀行とJQ建設を全方位圧迫し、チョ・テソプとキム・ソクフン(チェ・グァンイル)をうまく料理し、ぴりっとしたカタルシスでアクセントを効かせた。 特に、キム・ヒウが以前の人生で自分を殺したドクターK(ヒョン・ウソン)と再会するエンディングと共に一寸先も分からない展開が好奇心を集めている。

一方、SBS金土ドラマ「アゲイン・マイ・ライフ」は毎週金曜日土曜日午後10時に韓国で放送されている。