女優キム・セロンの飲酒運転事故当時、同乗者が芸能界に関係のない一般人であることが確認された。

19日、YTNによると警察は事故当時、キム・セロン以外に女性1人が一緒に乗っていた事実を確認した。

同乗者の20代女性Aさんは、芸能人や芸能志望者ではなく一般人だという。警察は同乗者も飲酒運転幇助(ほうじょ)容疑を適当できるかどうか調べている。

これに先立ち、ソウル・江南(カンナム)警察署は18日、キム・セロンを道路交通法違反(飲酒運転)容疑で立件した。

警察はこの日午前8時ごろ、「江南区チョンダム(清潭)洞付近で走行中の車両が明らかにふらついている」という多数の通報を受け出動し、キム・セロンを捕まえた。

飲酒検知器を実施した結果、飲酒の疑いが出たが、キム・セロンが血中アルコール濃度測定を拒否したため、採血検査を受け、帰宅した。

キム・セロンは、自身が所有する黒のSUV車両を運転していたところ、ガードレールや変圧器、街路樹などに数回衝突する事故を起こした。この事故で変圧器が壊れ、一時的に電気が切れたことで、市民も大きな不便を強いられた。幸い人的被害はなかった。

公開された事故当時の映像を見ると、キム・セロンが運転していた車は路地を抜け出した後、突然ふらついて右側の歩道に突進して変圧器に衝突した。その後も、車両は引き続き道路を走行した。

同日、所属事務所ゴールドメダリストは、「キム・セロンは今後、警察の要請に誠実に臨む予定」と立場を明らかにした。キム・セロンと所属事務所側の謝罪はなかった。

所属事務所は一日が過ぎてようやく、「キム・セロンの飲酒運転で発生した事故によりご心配をおかけしたことを心よりお詫び申し上げる」として頭を下げた。

続けて「キム・セロンは自身の誤りを深く反省しており、これにより被害と不便を被った多くの方々と、破損した公共施設の復旧のために努力するすべての方々に、心より謝罪の気持ちを伝え、被害復旧のために最善を尽くすことを約束した」と伝えた。

合わせて「弊社もこのような事件が発生した点について、責任を深く痛感している。このことで不便を強いられたすべての方々にもう一度お詫びする。今後コミュニケーションを図り、積極的に解決していくよう最善を尽くす」と述べた。

今回の議論でキム・セロンは、次期作SBSドラマ「トロリー」から降板した。制作会社のスタジオS側は「キム・セロンの所属会社は謝罪と共に降板意思を明らかにした。トロリー側はこれを受け入れた」と説明した。

すでに撮影に突入したNetflixオリジナル「猟犬たち」側は、「以後、撮影日程を調整する予定」とし、「十分な議論後、整理され次第申し上げる」と明らかにした。