韓国ボーイズグループ「EXO」SUHO(スホ)が、米国名門大のスタンフォード大学・韓国学カンファレンスに出席した。

 今回のカンファレンスは去る5月19〜20日(現地時間)、米スタンフォード大学のBechtel Conference Centerで開催され、SUHOはカンファレンス1日目に開かれた「韓流討論」に出席した。

 SUHOは、K-POPアーティストとして10年間の経験を生かして特別なプレゼンテーションを繰り広げ、「EXO」活動を通して国境のない韓流を体験してきた瞬間はもちろん、自身が考える韓流の影響力、拡張性、目標などについて詳細に語った。

 このカンファレンスでSUHOは「韓流のパワーはステージ上ではなく、日常の中でも毎日感じることができる。SNSのダンスカバー動画は、韓流やK-POPが一方的なコンテンツではないという証拠だ。イ・スマン総括プロデューサーがいつも話すように、韓流は共に楽しめて参加できるレクレーションコンテンツとなった。EXOのダンスカバーを通じて、僕がキャッチできない詳細な部分まで見せてくれるネットユーザーを見ると、むしろアーティストとして僕の行動の重みや責任感を学んだ」と明かした。

 また「K-POPが韓流の中心にある理由は多いが、僕は『疎通』が最も大きな理由だと思う。アーティストたちはさまざまな方式でファンと疎通し、そのような努力はアーティストとファンの間に強いものを形成する。EXOのおかげで韓国料理が好きになり、韓国で勉強するファンの話を聞くと、本当に誇らしくて幸せに感じる。また、EXOによってK-POPを超えて、K-カルチャーを愛してくれる方々を目にすると、感謝の思いが込み上げてくる」と述べた。

 プレゼンの最後にSUHOは「韓流は、あるひとつのジャンルにだけ合わせているのではない。音楽、ドラマ、映画、料理、教育など社会全般に拡大し、持続的に成長して発展するグローバルなものとなった。僕とEXOも音楽を通して世界がひとつになれるように、この旅を続けていく。これからも僕たちの音楽がみなさんに良い影響を及ぼすことができるよう願っている」と話し、会場からは大きな拍手が送られた。

 一方、今回のカンファレンスはスタンフォード大学アジア太平洋研究所が、韓国学専門センター「コリアプログラム」創立20周年を記念して開催した。