<「王になった男」OST(サントラ)、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「王になった男」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、子役出身で「太陽を抱く月」、「ホテルデルーナ」などで活躍するヨ・ジングと、同じく子役出身で「袖先赤いクットン」でヒットを飛ばしたイ・セヨンがタッグを組んだ作品。映画ではイ・ビョンホンが王役を演じた。
朝鮮時代、道化師のハソンはある日王を揶揄する演目を行い、王の側近に見つかってしまう。しかし仮面の下の顔が王と瓜二つだったため、王の影武者になることに。ハソンが宮殿に入り、王妃ソウンと出会いストーリーが進んでいく。

今日の1曲はスルギ(Red Velvet)が歌う「Always」。

<歌詞の解説>

「夜明けの星のように かすかに輝く あなたの瞳が心に届くとき 一歩あなたへと 近づいた日を知っていますか 詩のようにあなたを詠んで 長い歌のように あなたを歌う 毎日同じ夢を見て生きるの あなたを温かく抱きしめること」最初の歌詞では、詩的な表現が多く、王妃の気持ちを描いているようだ。

「今日は私たち 少し遠く離れているけれど 吹いてくる風に この気持ちを乗せて伝えます 私の愛 悲しまないで 終わらない永遠の時間を 約束します」サビでは、運命に翻弄されるソウンの気持ちが表現されている。

「真っ暗な夜が来ても 真っ暗な空に 月が浮かび上がる あなたが道に迷いそうで ときどき一人であなたを迎えに出るの」王妃にとってハソンが希望であったことが歌詞から伝わる。

「今日は私たち 少し遠く離れているけれど 吹いてくる風に この気持ちを乗せて伝えます 私の愛悲しまないで 終わらない 美しい私たちの話」二度目のサビでは、2人のラブストーリーが語られている。

「受け止めるから 私は待つことができるから 運命にさえ逆らってきたあなたを 信じているから もう涙は流したくない もう迷わない あなたのそばに届くまで」ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「千度の太陽 その長い日々が 過ぎても私の気持ちは 変わらない この愛 悲しまないで 終わらない永遠の時間を 約束します」スルギのアイドル離れした歌唱力と透明感のある歌声で、王妃の切ない恋心を描く。

歌手スルギ(本名:カン・スルギ)は1994年生まれ。2014年にRed Velvetのメンバーとしてデビュー。これまで、ウェンディとスルギの2人で何度かOSTを担当しており、「むやみに切なく」や「花郎〜ファラン〜」などがある。

<ネットユーザーの反応>

「アイドルの歌唱力が高すぎる」
「アイドルでこんなバラードも歌えるとかすごい」
「時代劇にも合うバラードに仕上がってる」
「声がきれいでずっと聞いていたい」
「いい曲!」

「王になった男」ではヨ・ジングと、イ・セヨンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。