女優ソ・イェジの復帰作として注目されているtvNドラマ「イブ」が、制作発表会を行わないことになった。

 20日、tvNの新水木ドラマ「イブ」側の関係者は、あるメディアに「撮影後半作業のために、初回放送が延期された」とし、「スケジュールが合わなくて制作発表会ができなくなった」と説明した。

 「イブ」は、あらゆる物議に包まれたソ・イェジが復帰する作品として、早くから関心を集めていた。テレビ業界では、初回放送を控えて記者たちを招き、制作発表会を行ってドラマを紹介するわけで、このドラマの制作発表会がソ・イェジの復帰後初の公式の場になるはずだった。

 しかし予想とは別に、「イブ」は制作発表会を行わなくなり、このため公式の場にソ・イェジが姿を見せるのも延期してしまった。

 先立ってソ・イェジは、過去に恋人関係だった俳優キム・ジョンヒョンをガスライティング(心理的虐待の一種)したという疑惑や、学歴詐称、スタッフへのいじめ疑惑など様々な疑惑に包まれたが、所属事務所側はこれをすべて否認した。

 ソ・イェジは、復帰を控えて「私の至らないことで多くの方々にご心配をおかけして、心から申し訳ないと申し上げたい。多くの失望感を抱かせてしまった点も、改めて心より頭を下げて謝罪したい」とし、「すべてのことは私の未熟さから始まったことで、今後さらに慎重に行動して成熟した姿をお見せできるように努力する」と謝罪文を発表した。