タレントのサユリ(藤田小百合)と息子のゼンくんが特別な友人に会った。

20日夜に放送されたKBS2TV「スーパーマンが帰ってきた」では、ゼンくんと“3歳の歌姫、ののかちゃん”こと村方乃々佳ちゃんとの劇的な出会いが実現した。

先立ってサユリとゼンくんは、祖父母がいる日本を訪問した。 サユリは「ゼンが普段、ののかちゃんの童謡を歌う映像が好きだ。 ののかちゃんの母親にSNSで連絡し、今回会うことになった」と、ののかちゃんを家に招待した。

ののかちゃんは「犬のおまわりさん」の歌で日本童謡大会銀賞を受賞し、韓国でも話題になった。 かわいいビジュアルから格別な歌の実力まで誇り、テヨン(少女時代)など韓国内の芸能人たちも爆発的な反応を見せた。

この日、ののかちゃんは韓国語で「くま三匹」はもちろん、「きらきら星」まで正確な発音で歌って驚きを抱かせた。 普段、韓国童謡を好んで歌うという彼女は「難しい歌はありません」と話し、サユリの感嘆を誘った。

ゼンくんは、ののかちゃんに向かって致命的な微笑みを放つかと思えば、積極的な抱擁でファンの心を表わした。 ぎこちなかった初めての出会いもつかの間、ののかちゃんはおもちゃを利用して積極的にゼンくんと遊んであげて、優しい姉の姿を見せた。

サユリはののかちゃんのために特別なプレゼントを用意した。犬のおまわりさんにサプライズ扮装して状況劇を繰り広げたのだ。
また、ののかちゃんのための韓服も用意した。 ピンク色の韓服を受け取ったののかちゃんは大声で「ありがとう!」と叫んだ後、「ピンク色が好きです」と喜んだ。

一方、ののかちゃんは「今日とても楽しかったです。 韓国のゼンくんの家に遊びに行きたいです」という感想でこの日の出会いを締めくくった。