俳優のアン・ヒョソプがドラマ「社内お見合い」の余韻が残る中、様々な質問に答えた。

20日、WKOREAYouTubeチャンネルには「『社内対抗』カン・テム、アン・ヒョソプは株式と積金のうち、どちらが好きだろうか」というタイトルの映像が掲載された。

アン・ヒョソプは「競争心を刺激することは何か」と尋ねられると「いつも私の演技を見たり私の結果物を見て復習をして、ちょっと刺激をたくさん受けようとする方だ」と明した。

続けて「夢をよく見るのか」という問いに「夢は元々よく見ないが、最近ちょっとたくさん見た」と答えた。

また、アン・ヒョソプは人と幽霊とでは「人が怖い」と言い、積立金と株式の好きな方を尋ねると「使った方が良いと思う」とあっさり回答。 また、電話とメールとでは「メールが良いようだ」と答えた。

一番大変だった配役について「肉体的に一番大変だったのは『30だけど17です』を撮った時、ボート部のキャプテン役だった。 それで、その時実際に練習をたくさんしたので思い出す」と話した。

カナダ国籍のアン・ヒョソプは「カナダで記憶に残る瞬間」を尋ねると「カナダで私の実兄が大学に通っていた時、私が兄の大学の図書館に行って一緒に勉強し、路上で(売っている)ホットドッグを一緒に食べて、いつも一緒に家に帰った記憶がある」と話した。 さらにトロントのおすすめスポットとしてはビクトリアアイランドを挙げ、「そこが天気の良い時に行くと本当に風景がきれいだ」と勧めた。

最後に電話した人は、グループ「SF9」のメンバー兼俳優のロウンだと語り、アン・ヒョソプは「何しているの?と聞かれたので、グラビアの撮影をしていると言った。 そして、そのまま切った」と話した。

アン・ヒョソプは「私を初めて見た時、少し近寄りにくいと感じる方々がかなり多いが、親しくなれば本当に親しくなれるタイプだ」と自身を紹介した。

最後にファンに学んだ点としては「愛を与えられる方法をたくさん学んでいるようだ」と微笑んだ。

一方、アン・ヒョソプは4月SBSドラマ「社内お見合い」を通じて多くの愛を受けた。